第1回今治市民の祭り 

神宮獅子連による奴行列・継獅子・獅子舞・画像をクリックすると拡大します。

夜の画像で写りが良くないですが、第1回市民の祭りおんまくに参加した、
                             神宮獅子保存会の皆様です。

愛媛県今治市神宮 甲415−1


神宮獅子 保存会参加
平成10年8月8日
節也
   神宮獅子保存会会長
   橋田節也様ご挨拶
今回紹介いたします、奴行列、及び獅子舞は古くから今治市神宮にある野間神社において
5月3日の春の大祭で、各地区の青年が神社に奉納する行事である。
春、木々の美しい境内において雄壮かつ華麗に獅子が舞い、
境内に続く石段の中腹では大人二人の上に幼い子供が乗り獅子頭をつけて立ち芸を行う姿は、”美しい”の一言につきます。
毎年5月3日、午前9時頃より行われる春の大祭を是非御覧いただければ、どのような説明よりも大きな感動が、心の中深くに記念として残るでしょう。
また、次の年も来て祭を肌で感じたくなると思います。是非一度御覧いただきますようご案内申し上げますとともに心より、お待ちしております。

サーサーヨイヤセ

奴の由来
                 

スゴイ・スゴイ・神宮の若者たち。
いいぞ・いいぞ!

トン・トトン

獅子舞の由来 

(150KB)画像をクリック
画像は5月3日野間神社での継獅子
画像は5月3日
野間神社
春の大祭での
奴行列

 (150KB)奴画像をクリック
昔からの古い伝統行事、奴の由来
問い合わせ中。詳しく知っている人がいれば教えて下さい。
来島大橋  
糸山公園より来島大橋を望む
来島海峡を世界初の三連吊り橋でまたぐ
来島大橋の建設が、平成11年春の開通
に向け急ピッチで進められています。

1998年7月

トップへ戻る ◆交通案内(野間神社)◆来島大橋思いでのページメール送信ご意見