町名から知る松山の姿

土井中照の「秘密シリーズ」
松山地名・町名の秘密

土井中 照

B6判 \950(\905)


この本の特徴

面白くて、ためになる地名・町名の基礎知識!
松山を中心とした地名・町名の起源やエピソードに、伝説や人物、歴史との関係をからめて楽しく解説しました。
見開きページでそれぞれの項目をコンパクトに、しかも、たんねんに検証しています。
松山の地名・町名の秘密をベストセラー「松山城の秘密」の著者・土井中 照が解き明かします。

●54のエピソードで松山市全ての町をとりあげています。
●多くの写真やイラスト、注釈を使い、わかりやすい本となっています。
●松山の地名の歴史がよくわかる内容となっています。
●単元ごとに分類してるため、読みやすい誌面構成となっています。

目次

古代の地名・町名
1◆伊予と愛媛の名前の由来を探る◆伊予/愛媛
2◆邪馬台国に敵対した狗奴国との関係◆忽那諸島/浮穴/久米
3◆地方豪族がつけた地名はどこにあるの?◆和気/久米/味酒
4◆河野氏の祖・和気姫が流れ着いた島を探る◆興居島
5◆天山と奈良の天香具山の関係とは?◆天山/星岡
6◆白鷺が見つけた温泉◆道後温泉/道後鷺谷
7◆国府への道と温泉の郷に関係する地名◆道後
8◆熟田津はどこ?◆熟田津
9◆天皇の行幸を伝える地名は?◆御幸
10◆律令制度が地名に残る◆市坪/余戸

中世の地名・町名
1◆荘園にちなむ地名を探る◆別府/保免/斎院
2◆河野氏の栄華を誇る城の地名◆道後湯月/湯築城
3◆戦乱や城の名前からついた地名◆来住/星岡/松末/恵原/福角/湯山

近世の地名・町名
1◆松山という名前の由来◆松山
2◆松山城にまつわる地名はどこ?◆高石垣/念斎堀/七曲がりなど
3◆お殿様の隠居場所からついた地名◆東野お茶屋
4◆松山城下のまちづくり【その一】◆屋敷町
5◆松山城下のまちづくり【その二】◆町人町
6◆参勤交代の御用船発着所を探る◆三津界隈
7◆札の辻と番所からついた地名◆札の辻界隈
8◆町の移住と開拓でできた地名◆松前町/志津川町/日野町/越智町など

近代・現代の地名・町名
1◆市制施行による松山市域の移り変わり◆松山市
2◆昭和五年の町名改正で町はどう変化した?◆松山市
3◆戦後の町名改正は?◆松山市

人物と地名・町名
1◆木梨軽太子の悲恋物語◆姫原
2◆聖徳太子と伊佐爾波岡◆伊佐爾波
3◆菅原道真が残した地名◆今出/菅沢/衣山/水泥
4◆弘法大師の奇蹟と地名◆杖の淵など
5◆遍路の由来と衛門三郎◆石手/八ツ塚/土段
6◆小野小町伝説が残る町◆小野
7◆橘諸兄と井手神社の関係◆立花
8◆廓と一遍上人の関係◆松ヶ枝町
9◆足立重信と重信川◆重信川
10◆女性の名前がついた町はどこ?◆松江町/喜与町/道後姫塚
11◆人の名前がついた町◆拓川町/永木町/神次郎町/枝松

伝説と地名・町名
1◆長者と貧乏の間には◆長者ヶ平/勝山
2◆狸に関係のある地名◆八股/毘沙門坂
3◆雷が落ちないという町◆桑原

寺社と地名・町名
1◆寺社に関係のある町
2◆遍路に関係のある寺・町◆浄瑠璃町/畑寺/太山寺
3◆椿さんのある町◆椿神社/居相

地名・町名アラカルト
1◆地形に関係のある地名
2◆田に関係のある地名
3◆建物や交通に関係のある地名
4◆水に関係のある地名
5◆植物に関係のある地名
6◆かつてあった施設に関係する地名
7◆新しくつくられた地名・町名
8◆大街道と銀天街の秘密
9◆めでたい地名はどこ?
10◆広い地域を分割する方法
11◆読めるかな? 松山の地名
12◆消えた地名を探せ
13◆地名のついたことわざ

メッセージ
 地名・町名は、私たちにとって、とても身近な存在です。郵便や書類には、必ず住所を書き込みます。しかし、その住所が、歴史に彩られたものだということは、あまり知られていません。地名・町名は長い歴史を経て形づくられた無形の財産なのです。地域の歴史の中で起こったさまざまな事柄が、その中に閉じ込められています。
 行政の都合で、愛着のある地名が失くなったり、馴染みのない町名に変えられるということが、私たちの周りで実際に起こっています。また、土地開発により、全国のどこにも通用するような地名がつけられることもあります。地域固有の財産ともいえる地名や町名の変更は、ふるさとへの愛着に水をさしているようにも思えます。
 町内を散歩するように、本の世界や情報の海をぶらぶら歩き、地名・町名に関する面白くて意外な情報を見つけようとしたのが、この「松山 地名・町名の秘密」です。私たちの住む地域の地名・町名の語源や由来を知ることで、地域に対する愛情が強まればいいなという気持ちが、この本を著すモチベーションになりました。
 この本がきっかけとなって、読者の皆さんが、地名や町名に隠されている地域の歴史に関心を持っていただければ、著者としてはうれしい限りです。

「モンドえひめ」へ戻る  「土井中のすべて」TOPへ戻る