統計資料と文学作品にみる「愛媛人」像

なるほど愛媛の県民性

土井中 照

B6判 \1200(\1143)


この本の特徴

愛媛イメージをチェック!! あなたの愛媛人度をチェック!!

「家計調査」などの統計と 愛媛を描いた文学作品から愛媛イメージと愛媛人の行動パターンを徹底検証しました!

●東予・中予・南予の三予人気質●けなされても『坊っちゃん』●すべてに「ほどほど主義」●危ない「伊予の早曲がり」●保守王国・愛媛の本質とは?●日本最古の「道後温泉」●月賦販売発祥の地「今治桜井」●日本一の「ミカン・伊予柑」●愛媛といえば「ポンジュース」●愛媛人が考案した「野球拳」●「俳句ポスト」と正岡子規●「アイデアマン」を輩出する愛媛●春と夏の「高校野球」比較など、表とイラストで愛媛の県民性がわかります。

目次

第1章/県民性の本に書かれた愛媛イメージを確かめる
愛媛のイメージ・集計 県民性の本にみる愛媛イメージベストテン
 データ 県民性本にみる愛媛イメージ
 データ これが愛媛のデータだ・愛媛出身の著名人
愛媛のイメージ・一位 東・中・南で性格が違う愛媛の「三予人」
 データ 東予・中予・南予の比較
 コラム 東予人の特徴
 コラム 中予人の特徴
 コラム 南予人の特徴
 コラム 東予人の値切り方
愛媛のイメージ・二位 『坊っちゃん』をやたらにつける愛媛人
 データ 松山の「坊っちゃん」ネーミング・坊っちゃん文学賞受賞者
 データ 松山にある「坊っちゃん」物件
 コラム 『坊っちゃん』ファッションは、岡本太郎のお父さんがつくった
愛媛のイメージ・三位 「よもだ」「はせだ」と「ほどほど主義」
 コラム 小さな藩にわかれていた愛媛は、天守の数が日本一
 コラム 参観日の「会服」って知ってる?
愛媛のイメージ・四位 「伊予の駆け出し」と「伊予の早曲がり」
 コラム 俳句ポストと正岡子規の関係
愛媛のイメージ・四位 愛媛人は、のんびりと趣味にいきる
 コラム キャラクターの愛媛限定バージョン
愛媛のイメージ・六位 中途半端に保守的な愛媛人
 コラム 名前が違うか? 中身が違うか? 「タルト」と「柏餅」
愛媛のイメージ・六位 全国に知られた日本最古の道後温泉
 コラム 今治の「無尽」、宇和島の「講」
愛媛のイメージ・六位 あまり知られていない月賦販売発祥の地
 データ 愛媛のアイデアマン/愛媛企業の日本一・世界一
愛媛のイメージ・六位 愛媛のイメージはやっぱり「みかん」だ
 データ 愛媛「柑橘類」のお菓子
 コラム 「愛媛=みかん」のイメージを支えるポンジュースのCM
 データ ポンジュースCMの歴史
 コラム ポンジュース噂の真偽
愛媛のイメージ・十位 愛媛人の陽気さは躁鬱質に由来する
 データ 都道府県別躁鬱質・分裂質分布
 データ 野球殿堂入りした愛媛人
愛媛のイメージ・十位 おだやかな愛媛人の血潮がたぎる喧嘩祭
 コラム 変わり獅子舞イン愛媛
愛媛のイメージ・十位 愛媛人がつくった野球拳
 コラム 高校野球王国・愛媛の実力
 データ 高校野球の通算勝率と優勝回数

第2章/各種統計資料から愛媛の県民性を探る
愛媛の地理 海岸線が長く、島が多い愛媛の地理
愛媛の人口 愛媛は老人県で女上位?
愛媛の住みやすさ 愛媛は住みやすい土地なのか?
愛媛の結婚 男性は早く結婚、離婚も多い愛媛?
愛媛の結婚生活 愛媛人の結婚生活の目標は?
愛媛の社会生活 愛媛人のつきあいは濃い派? あっさり派?
愛媛の金銭感覚 愛媛人はお金に対して楽天家か?
愛媛の教育 愛媛人は教育熱心か? それとも…
愛媛の食生活 愛媛人は米派? パン派? 麺類派?
愛媛の食生活 愛媛人は茶よりコーヒーやジュースが好き?
愛媛の食生活 愛媛人は日本酒や焼酎よりもビールが好き?
愛媛の食生活 愛媛人は調味料のどれが好きか?
愛媛の生活 野球王国でも、野球をすることは嫌い
愛媛の生活 愛媛人ははたしておしゃれか?
愛媛のイメージ 「阿波の着倒れ、讃岐の賭け倒れ、伊予の建て倒れ、土佐の飲み倒れ」は本当か?

第3章/文学作品に描かれた愛媛
『人国記』にみる中世の伊予 中世に書かれた伊予イメージ
西鶴・近松が描いた近世の伊予 西鶴と近松、伊予を知っていたのはどちら?
『一外交官の見た明治維新』にみる幕末の南予 英国人を楽しく歓待した伊達の殿様
『坊っちゃん』にみる明治の愛媛 漱石が松山をけなした裏事情
『てんやわんや』『大番』にみる戦後の愛媛 獅子文六が体験した南予の実態
司馬遼太郎作品にみる愛媛のイメージ 愛媛を好きだった司馬遼太郎が綴った愛媛
西村京太郎作品にみる愛媛のイメージ 十津川警部は愛媛が嫌い?
内田康夫作品にみる愛媛のイメージ 名探偵・浅見光彦が愛媛をルポすると
愛媛を舞台にした推理小説
文学作品に登場する愛媛

メッセージ
 「県民性」をテーマにした本が数多く出版されています。どうして今「県民性」が注目されているかを調べようと、古本屋をめぐり、ネットオークションでこまめにチェック。四十冊近くの関連本を入手しました。
 これらの本では、四十七都道府県の歴史や人物、風俗のなかから変わったもの、目立つものを紹介し、そのなかから共通性をもつものが「県民性」として論じられています。しかし、「県民性」そのものの裏づけが語られることは少なく、しかも地元では「これって本当?」と疑わざるを得ない情報が掲載されているものもありました。
 「県民性」を論ずることは他地域との差異を強調することになるため、自然と「悪口」や「そしり」に近いものとなります。たとえ、褒めていても、それは「悪意」の裏返し。「ものごとを主観的に見れば悲劇になるが、客観的に見れば喜劇になる」とのたとえどおり、「県民性」のなかには、真実もあるが思い込みもある、オモテもあればウラもある、ということです。
 ならば、愛媛人にも納得できる「県民性」の本をつくろうと考え、たくさんの本のなかから愛媛の記述を探しあつめ、愛媛人がどう見られているかを知ろうとしました。根拠のない「誤った愛媛の県民性」を是正し、少しでも愛媛の真の姿に迫ろうと、県民性に関する本、統計資料、文学作品などの客観的なデータに基づく「新しい愛媛の県民性」の確立をめざしました。
 統計資料のデータは愛媛人に顕著な行動パターンや心理面の特徴を教えてくれます。データそのものは無味乾燥だと考えられがちな数字の羅列ではありますが、これを加工し比較すると、愛媛の「県民性」と「愛媛人」の姿が浮かびあがってきました。これまで先入観で語られてきたこととは異なる「愛媛」があります。
 また、愛媛の「県民性」を浮きぼりにするため列挙した全国データは、愛媛だけでなく全国の順位をたちどころに比較できるため、他県の「県民性」をも同時に知ることができるという副産物も得ました。このデータをネタにして、県内外の友人たちと大いに会話をたのしんでください。
 「愛媛人」の気質がうまれた理由を考え、愛媛に残る祭や行事の特異性を知ることは、愛媛のアイデンティティーを確かめることに繋がります。この本が愛媛を見直すきっかけになれば幸いです。

「モンドえひめ」へ戻る  「土井中のすべて」TOPへ戻る