城と藩主と城下の基礎知識

土井中照の「秘密シリーズ」
松山城の秘密

土井中 照

128P B6判 \880(\838)


メッセージ

四百年祭の松山城に関する出版物で松山城の歴史をわかりやすくまとめたものが現在は出版されていないということが、この本をつくるモチベーションでした。本を出すのなら面白く、話題になるものをと心掛けました。松山城に関するいろいろなエピソードを集め、私たちの住んでいるところをもう一度見直すことで、ふるさとの復建を果たそうという目論みでした。

そのため、松山城や橙の藩主たちに関する88のエピソードを集めました。それぞれを1ページか見開きにレイアウトし、イラストを配して、わかりやすく、楽しい地域出版物をめざしたのです。
お陰様で、この本はロングセラーとなり、紀伊国屋松山店ではノンフィクション部門週間売上一位となりました。ありがとうございます。

目次

松山城の章
1●松山という地名の由来
2●策略をはかった松山城の場所選び
3●松山城の陰陽道伝説
4●松山城の人柱伝説
5●松山城の別名は何?
6●普請奉行・足立重信
7●松山城にはリサイクルも行われた
8●城山のみどりの秘密
9●日本三大平山城・松山城
10●平山城ってなあに?
11●天守閣の秘密
12●石垣の秘密
13●壁や櫓の秘密
14●七曲がりの秘密
15●おたたさんの秘密
16●お殿さまはどこに住んでいるの?
17●松山の城下町づくり

加藤嘉明の章
18●加藤嘉明以前の松山支配
19●馬喰からお殿さまへ
20●馬喰時代のエピソード
21●秀吉との関係
22●賤ヶ岳七本槍
23●水軍の将・嘉明
24●関ヶ原の戦いでの加藤嘉明
25●裏関ヶ原・刈屋口の合戦
26●加藤嘉明・藤堂高虎の伊予統治
27●大坂の陣での嘉明
28●仲が悪かった嘉明と藤堂高虎
29●嘉明の会津転封・裏話
30●不肖の息子・加藤明成
31●家臣・佃十成
32●家臣・塙団右衛門
33●嘉明エピソード・負けず嫌い
34●嘉明エピソード・家来
35●嘉明の人となり

蒲生忠知の章
36●蒲生忠知の生い立ち
37●蒲生忠知の先祖
38●緋の蕪と蒲生忠知
39●お家断絶
40●伝説での暴君ぶり

久松松平家の章
41●蒲生家断絶から久松松平家入封までの統治
42●伊予八藩の松山
43●久松松平家の先祖
44●徳川家康との関係
45●初代藩主・松平定行
46●手始めは道後温泉の整備
47●島原の乱への出兵
48●天守閣の改修
49●長崎探題とタルト
50●桑名から伝わった五色素麺
51●二代藩主・松平定頼
52●三代藩主・松平定長
53●流鏑馬のお礼で建てられた伊佐爾波神社
54●四代藩主・松平定直
55●藩財政を潤した波止浜塩田
56●定直の藩財政改革
57●赤穂浪士と松山の関係
58●五代藩主・松平定英
59●六代藩主・松平定喬
60●亨保の飢饉と義農作兵衛
61●久万山騒動と狸
62●七代藩主・松平定功
63●八代藩主・松平定静
64●九代藩主・松平定国
65●小林一茶の松山来訪
66●松山城本丸焼失
67●十代藩主・松平定則
68●十一代藩主・松平定通
69●菊屋新助と鍵谷カナ
70●定通の藩政改革
71●藩校・明教館
72●日本初の物理書
73●藩主が愛した能を伝える東雲神社
74●十二代藩主・松平勝善
75●天守閣復興
76●十三代・松平勝成/一四代・松平定昭
77●足利尊氏の首を抜いた男
78●松山への黒船来襲
79●「ええじゃないか」と松山
80●長州征伐での松山藩
81●たったひと月の老中職
82●竜馬を斬ったといわれた男
83●大政奉還から版籍奉還までの松山

藩政時代と松山
84●徳川御三家と松山の類似
85●官僚体質の松山人
86●松山弁に見る藩政時代
87●お米文化の松山
88●今に続く藩政時代の文化

「モンドえひめ」へ戻る  「土井中のすべて」TOPへ戻る