大洲の新旧知識がここにある!!
大洲の歴史で発見した面白い話、
びっくりする話、ためになる話など
78編を収録。
これだけ知っていれば
大洲探検はもっと楽しくなる。

大洲歴史探検

土井中 照
大洲市町並博実行委員会

B6判 \1000(\95)

B6版/本文144ページ/イラスト・図版多数/並製本


この本の特徴

 大洲の歴史をわかりやすくまとめたのが「大洲歴史探検」。古代から現代まで、大洲に関する歴史が楽しく簡単に理解できます。また、新設なった大洲城の項目も充実しています。
 古代、中世、近世、幕末、近代、現代、大洲城テーマのもと、78のわかりやすい小文と楽しいイラストで構成。難しいと考えられがちな歴史をさまざまなエピソードを紹介し、興味のもてる内容となっています。

●大洲の歴史に関する面白いテーマ78項目をとりあげています。
●楽しいイラストを使い、わかりやすい本となっています。
●食体験を踏まえ、なるほどと思わせる内容となっています。
●大洲の歴史をよくわかっていただくため、単元ごとに分類した読みやすい誌面構成。
●大洲史談会の全面協力をいただきました。
●大洲市制50周年記念事業としての役割も兼ねています。

目次

【古代の大洲】
 1●大洲の旧石器時代・縄文時代を探る/旧石器時代・縄文時代
 2●大洲の弥生時代を探る/弥生時代
 3●大洲に残る古墳時代のしるし/古墳時代
 4●大洲地方に残る出雲の神の伝説/少彦名命
 5●東洋一といわれる高山のメンヒル/巨石文化
 6●律令時代の大洲地方/律令時代
 7●大洲に残る弘法大師伝説/弘法大師
 8●大洲で生まれた海賊大将軍/藤原純友
 9●大洲で繰りひろげられた源平の戦い/河野家

【中世の大洲】
 10●地蔵ヶ獄城を居城にした守護職/宇都宮氏
 11●宇都宮家家老・大野直之の下克上/大野直之
 12●大洲の中世を伝える古城伝説/古城の伝説
 13●治安につとめた小早川隆景の伊予国統治/小早川隆景
 14●暴君・戸田勝隆の大洲支配/戸田勝隆
 15●池田秀氏の大洲支配は本当?/池田秀氏
 16●築城の名手・藤堂高虎の大洲移封/藤堂高虎
 17●高虎の大洲治世を補佐した男たち/藤堂高吉・渡辺勘兵衛
 18●朝鮮の高名な儒学者が捕虜になった/姜はん

【近世の大洲】
 19●関ヶ原で東軍に転じた賤ヶ岳七本槍/脇坂安治
 20●加藤家の先祖と初代藩主・貞泰/加藤貞泰
 21●大洲藩代々の殿様たち/加藤家
 22●大洲藩が得をした松山藩との替地/松山在藩時代
 23●いざこざもあった新谷藩の誕生/新谷藩
 24●新谷藩代々の殿様たち/新谷藩加藤家
 25●大洲で過ごした日本陽明学の祖/中江藤樹
 26●殿様が招いた名僧・盤珪/盤珪
 27●大洲藩の絵師たち/絵師
 28●大洲藩主の好みの味を探る/お菓子・料理
 29●大洲藩の文芸/和歌など
 30●大洲藩がすすめた武術/槍術・剣術・泳法
 31●大洲藩でおこった災害/水害・火事・旱魃・地震
 32●大洲藩の財政建て直し策/財政再建・殖産政策
 33●大洲藩が推奨した大洲和紙/大洲半紙
 34●大洲藩の特産物・砥部焼/陶芸
 35●大洲藩の主力産業だった内子の蝋燭/木蝋
 36●新谷藩で流行った和算/和算額
 37●大洲藩に多かった農民の暴動/農民一揆
 38●伊予ではじめての藩校が大洲に誕生/明倫堂
 39●伊予最古の図書館・古学堂/古学堂
 40●伊能忠敬が大洲を測量/大洲測量
 41●大洲とシーボルトとの関係/大洲の蘭学
 42●日本初の「陰狐疝」手術を行った蘭学医/鎌田正澄

【幕末の大洲】
 43●坂本竜馬と大洲との関係1/竜馬脱藩
 44●坂本竜馬と大洲との関係2/いろは丸
 45●船にツキのなかった大洲藩/洪福丸
 46●大洲藩長浜沖に現れた黒船/黒船来襲
 47●日本ではじめての電信実験成功/三瀬諸淵
 48●全国に知られた国学者・矢野玄道/矢野玄道
 49●大洲藩が勤王派となった理由/幕末の藩動向
 50●新しい時代を迎える大洲藩の行動/幕末の大洲藩
 51●幕末の憂国歌人・巣内式部/巣内式部
 52●函館五稜郭を設計した男/武田成章

【近代の大洲】
 53●参事の自決で鎮まった大洲騒動/山本尚徳
 54●明治憲法の草稿を手伝った男/香渡晋
 55●西洋文化を積極的に取り入れた大洲/大洲英学校
 56●大洲と西南戦争の関係/西南騒擾事件
 57●大洲に残る明治の栄華/おおず赤煉瓦館
 58●臥龍山荘をつくった男と大洲の経済人/河内寅次郎・高山長幸・井上要
 59●全国を震撼させた大泥棒/強盗亀
 60●大洲の風景をうたった文部省唱歌/堀澤周安
 61●シャム国王から勲章をもらった日本人/政尾藤吉

【現代の大洲】
 62●徳島がくやしがった「おはなはん」/おはなはん通り
 63●水俣病を発見した大洲出身者/細田一
 64●大洲と鉄道の関係/野口五郎・松本零士
 65●世界の建築家に選ばれた男/松村正恒
 66●鵜飼いと肱川観光/鵜飼い
 67●スクリーンに登場した大洲/映画

【大洲城の知識】
 68●大洲の名前、お城の名前/名前の由来
 69●大洲城はいつの時代に築かれたか?/築城時期
 70●大洲の町はいつできたか?/町割り
 71●防御に優れた大洲城/縄張
 72●四層の天守の秘密/天守1
 73●天守のデザイン/天守2
 74●大洲城の櫓について/櫓
 75●大洲城改修はいつ行われたか?/改修の歴史
 76●天守はいつなくなったのか?/天守の撤去時期
 77●天守復興への道/天守復元の歩み
 78●復元天守の秘密/天守復元

メッセージ
 大洲は今までに、何度か訪れています。もちろん、観光客としての旅でした。
 今回は大洲の歴史をたどり、できるだけ知られていない情報を探し、しかも、大洲に住んでいない人にも、理解していただける内容を目指しました。本やインターネット、映画などの情報や大洲の風景や人々と出逢うことでこの本ができあがりました。
 大洲と日本の歴史の流れを対比することで、わかりやすい内容になったと思います。
 地域を深く知り、地域に誇りを感じてもらうことが、私の著作の大きな目標。大洲の歴史や人物などをこの本で知っていただき、大洲がさらに元気になれば幸いです。
 大洲は、中江藤樹の過ごしたところ。藤樹の唱えた「知行合一」を頭において、この本を書きました。大洲の知識を踏まえ、大洲の歴史を探検できるように心がけています。大洲の歴史を肴に、楽しい時間をすごしていただければ、筆者としては嬉しい限り。先人の研究を踏まえ、興味深い題材を満載したこの本が、大洲歴史探検や観光のハンドブックとなれば幸いです。

「モンドえひめ」へ戻る  「土井中のすべて」TOPへ戻る