藩が奨励した学問

 江戸末期、伊予の各藩では、教育改革により藩政を引き締めようと藩校をつくる藩が増えました。これは、藩士の子弟を教育し、文武両道の習得で人材の育成を図り、藩政の安定と発展を促そうとしたためです。

 今治藩では、文化2年(1805)、南堀端の家臣屋敷跡へ講書場という学校を設立しました。学頭は、京都で朱子学を学んだ長野恭度。講書場は、学生の数を増やしたため手狭になり、文化14年(1817)二の丸へ移転し、寛政の改革を断行した松平定信から「克明館」という名前と揮毫をもらいました。

 落成式の翌年には、江戸から帰った藩主・定剛が長野恭度の講義を聴いたことも記録に残っています。

 教育内容は、文武それぞれに力を入れ、儒教を中心に「四書」「五経」「史記」「日本外史」などが用いられました。素読と訓導がちゅうしんとなり、書物を読んで報告・解読し、質問・議論をするといった実践的な学問も行われています。

 武術では、剣術、弓術、馬術、槍術、砲術、水術の六科で剣術は心貫流など4流派、馬術は大坪流、槍術は疋田流など2流派、砲術は稲富流など2流派、水術は神伝流が採用されています。

 「愛媛面影」を書いた医師・国学者の半井梧菴も1839年から約30年、助教授をつとめています。

歴史・江戸時代TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら