愛媛県最大、相の谷古墳

 今治平野の北にある伊賀山の山頂に、愛媛県最大の前方後円墳といわれる相の谷(あいのたに)古墳はあります。直径50メートルの円墳は、山の最高所にあります。北側の方墳は、幅が約40メートルを持つ長さ82メートルの古墳で、山の尾根を切ってつくられていました。この古墳は、西暦400年頃にこの地を治めた大豪族のものといわれ、来島海峡から今治平野を一望に見渡せる場所にあります。

 古墳の丘全面に二段の葺石(ふきいし)がめぐらされ、その間に多くの埴輪(はにわ)片が発見されています。他にも禽獣四乳鏡、だ龍鏡や直刀、刀子、鉄剣、鉄斧なども出土されました。石室は、竪穴(たてあな)式で全長が7.1メートル、幅が1メートル。壁は輝石安山岩を板状に切り、小口に積み重ねられていました。

 この古墳は、土砂採土のため、破壊寸前となり、昭和41年(1966)に、緊急発掘調査が行われています。

 相の谷前方後円墳の近くには、二号墳と呼ばれる前方後円墳、十数基の方形墳、円墳があり、ここからも平縁に流雲文を持つ鏡や勾玉、鉄斧、鉄剣などが出土されているようです。

 この地には、南北朝の戦いの時、笠松山城を守っていた篠塚伊賀守が、ここから沖の島へ渡ったという伝説が残ります。戦国期には、原四郎兵衛が守っていたという湊山城があり、文久年間(1861〜64)から明治4年(1871)までは、藩の砲術稽古場となっていました。

いちばんTOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら