「ん」が多い今治弁の語尾

「ん」のつく今治弁

もとの言葉

今治弁
何もせぬ なあんもせん
知らぬ 知らん
けど けん
何をするの 何しよん
ぞよ ぞん
◎◎かえ ◎◎かん
せむ せん
しておる しよん
がの がん

 今治弁の語尾はんがつくものが多いようです。

 まずは打ち消しの助動詞「ぬ」が変化したもの。「何もせぬ」が何もせん、「知らぬ」が知らんとなります。

 よく使われるけんは京言葉の接続詞「けど」がけに、けんと変化しています。何しよんは「何をしよるの」が「何をしよるん」となり何しよんとなったものです。

 ぞんは「ぞよ」という疑問の助詞の組み合わせが「ぞむ」となりぞんと変化したもの。〇〇かんは「〇〇かえ」という疑問をあらわす終助詞が「〇〇かい」となり〇〇かんと変わりました。〇〇せんは意思をあらわす「〇〇せむ」の「む」がんとなりました。しよんは「しておる」が「しよる」となり「しよん」となっています。がんは「が」という接続助詞と「の」という同意をあらわす終助詞が組み合わされた「がの」が「がむ」となり「がん」となったもの。

 これらの言葉は長い時間をかけて変化したもの。んがつく今治弁は強い調子となり、語尾に「な」がつく松山弁(伊予弁)は柔らかい印象となるのです。

 言葉が「ん」に変化することを撥音便といいます。今治弁が鐘や太鼓の音がするだの、喧嘩に聞こえるといわれるほど強い調子の言葉となったのはこの撥音便が原因だったのです。

今治弁TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら