あいさつ今治流

 親しい人に出会うと「何しよん?」であいさつがはじまります。少しお年を召した方は、この後に「元気なかん?」という言葉がつきます。面倒なことをいわず、直接本論に行くところが合理的な今治人らしいところ。返す言葉は「元気なぞん」となり、近所の話題を語るときは「あんたぁ、知っとるで?」ではじまります。

 道で会った場合は「どこ、行きよんぞん?」とか「ええとこ、あるかん?」で話がはじまります。「〇〇よ」と答えると「ええのう」とか「ほうかん」という言葉が返ってきます。

 久しぶりに会った場合は「何しよったぁ?」となり「こないだ、〇〇ちゃんが〇〇しよったよ」と共通の知人の様子を喋るのが基本パターンです。悪口になると「〇〇しよったわいねや」となるようです。別れるときは「ほな、またね」となり、次の約束をする場合は「〇〇に行こうや」とか「電話しようわい」といいます。

 家でのあいさつは出掛けるときに「行てこおわい」というと「行っといでん」となり、帰宅のときには「もんたぞ」にこたえて「もんたんで」となります。
 また、朝のあいさつ「おはよう」は「おはようございました」と過去形になることもあります。これには今治市以外の人はめんくらうようです。

今治弁TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら