他の地域でみかける今治弁

 同じ意味を持つ方言が遠くの地方に点在することがあります。交流も少なく、関連のない地域なのに何故か同じ方言があるという現象です。

 これは時代により変化した言葉が各地へ伝承していく過程で、京都などの文化の中心から水紋のように外へ向けて言葉が押し出された結果、離れた地域に同じ方言が残ったというもの。日本民族学の巨星、柳田国男氏が「蝸牛考」の中で提唱した方言周圏論という考え方です。方言周圏論に当てはまる今治弁にはどのようなものがあるのでしょうか。

  大袈裟を意味する「おんまく」、「おんばく」は元々は大莫が変化したものだと思われますが、郷土史家の阿部秋信氏によれば、秋田にも同じ方言があるそうです。阿部氏は北前船により伝えられたという可能性を示唆しています。

 埼玉県では、気のきいたことを「酢がきいた」といいます。福井県ではずるがしこいという意味を「はしかい」、島根県ではありがとうを「だんだん」、岡山県では頭痛のことを「頭が悪い」、広島県ではふくれっつらを「はぶてる」、相手のことを「われ」、叫ぶを「おらぶ」、徳島県ではだらしがない人を「しょーたれ」、触るを「まがる」、香川県では疲れたことを「えらい」、くどいことを「むつこい」、福岡県では片づけるを「なおす」など、今治弁との共通点があるようです。

 しかし、これはほんの一例。今治弁と共通する方言は全国にまだまだあると思います。ご存知でしたら、お教え下さい。

今治弁TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら