儲けは今治、でも使うのは今治以外

 松山のお店では、今治人は大のお得意さまです。今治人は、松山ではお金をよく使うようですが、今治ではお金は使いません。確かに同じ商品を扱っていても、品揃えや新しさ、お値段の点で、確かに今治は分が悪いのですが、とにかく今治以外で買い物をするのです。

 今治では、買い物の楽しさが味わえない、満足感が違うと、今治人は思うようです。非日常・ハレの気分を味わうために、今治以外の場所で買い物をするのです。

 このことは、人の問題にも当てはまります。経営者は会社内部の意見をあまり聞かないようですが、外部からの発言には耳を傾けることが多いようです。その内容が同じであっても外部の人の意見を尊ぶのです。特に、外部の人が東京で活躍していたりすると、その傾向は更に高まります。結局は内容だと思うのですが、今治人は、意外にブランド信仰が強いのかもしれません。

 また、料金も東京の人間が請求すると、法外な値段だとしても、すんなり通ったりします。これは内容よりも名前を信用している証拠かもしれません。地元の人にも、仕事のチャンスを与えることが地域の活性化につながるのですが・・・。

今治人TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら