今治タオルを育てた人々

 明治27年(1895)、阿部平助氏が白木綿不振の打開策として、綿ネル機械4台を改造し、タオルの製造をはじめました。以降、さまざまな人々が今治タオル発展のために尽くしています。

 明治30年代には、岡田恒太氏・久松省三氏たちがタオル産業に参入します。しかし、当時の今治タオルは、技術が幼稚で品質も悪いものが中心でした。綿ネルの余り糸や汚れ糸が使えるために、タオルづくりがはじめられました。

 明治43年(1910)に麓常三郎氏がタオルを同時に2列織ることのできる麓式二列織機を考案しています。麓式二挺バッタンともよばれるこの機械、効率が倍以上になりますが、これは薄地の平織物、金巾用の三幅織機(一幅は36センチ。108センチが織れる)を改良したものでした。平織物用の機械を簡単にタオル織機に改造できることから、この機械のお陰でタオル転業が増えています。

 大正元年(1912)には中村忠左衛門氏により大衆向けの先晒単糸タオルが開発されました。伊勢で行なわれていた先晒双糸タオルを参考に、安い単糸を使って縞タオルを製造したところ、これが好評。続いて、元禄装置を考案しています。元禄装置とは、パイルを表裏に出すことを手動の切り替えでおこなうもので、市松模様のタオルができました。このタオルは、安くてきれいと評判になりました。

 大正5年(1916)、収益の悪さから阿部平助氏の阿部合名会社は、タオル生産をあきらめましたが、今治のタオル工場は25となっています。

 大正10年(1922)には、大阪に続き、タオル生産高が全国第二位に成長しています。大正12年頃には、愛媛県工業講習所(現愛媛県染色試験場)の技師・菅原氏がタオル専用のドビー機を考案。模様の入ったタオルづくりを完成させました。このタオルは、紋タオルと呼ばれ、評判になりました。

 大正14年(1925)には、同じく菅原氏により、600口ジャガード機を力織機に搭載して、一幅掛けサイズの孔雀模様の浴布をつくることに成功。このことがきっかけとなり、今治では高級なジャガード織りのタオルが生産されるようになりました。菅原氏は、県染色試験場を退任してからも、今治市に留まり、タオル業界の指導に努めました。

 設備の近代化、デザインの向上、アパレル製品への活用などの努力により、戦後、今治市は全国一のタオル産地となりました。

 今治タオルの特長は、先晒。先進地だった泉州は、タオルを織りあげた後、生地を漂泊する方法がとられていました。今治は、晒したり、染色した糸を、タオルに織りあげます。色物やジャガードに適する方法です。

 現在、中国などの海外タオルに対抗するため、実施されているのがクイック・レスポンスシステムです。商品のリードタイムを短くし、消費者のもとへ製品を早くお届けする方法です。今治のタオルは、完全な分業体制になっており、家庭用タオルだと13から14の工程を経て、市場に出ています。従来、45日かかっていた日数を、情報を共有化し、30日まで短縮して、経費を削減させるとともに、ニーズに対応するのです。

 タオルを発展させたのは、今治人の努力と工夫。これからもよりよいタオルづくりを目指して頑張っていくことでしょう。

歴史・明治以降TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら