南北朝の戦いでの水軍

 建武の新政で鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇は、倒幕の主役だった武士をないがしろにしました。そのため、足利尊氏は朝廷に反旗を翻し、光厳天皇を擁護して、皇位につけます。そのため、北の京都と南の吉野の両方に二人の天皇が立ち、足利方の北朝と後醍醐天皇方の南朝が争った南北朝の戦いがはじまりました。

 南朝方には、村上義弘を長とする村上水軍や越智氏から出た大祝氏、河野の分家である土居氏、得能氏、重見氏がつきました。幕府方の北朝には、河野通盛の河野宗家が支援しました。水軍の多くは後醍醐天皇の側、南朝に多くの武将が支援しています。

 南北朝時代の後期には、今治近郊で数多くの戦乱が起こりました。懐良親王が九州へ去った後、四国総大将として今治入りした新田義貞の弟・脇屋義助は、国分寺で軍議を練った後、急死したことを知った讃岐の細川氏は、大館氏明の守る世田山城を攻め、落城させました。以後、南朝は急激に力が衰えていきます。

 村上水軍七代目の村上義弘の死で清和源氏の血は途絶えますが、南朝の最重要人物である北畠親房の孫・顕成が村上氏を継ぎ、村上師清を名乗ったといわれています。この後、村上水軍は、因島・能島・来島と三つに分れます。河野氏は、宗家と分家の争いがおこり、勢力を衰退させていきます。

歴史・水軍TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら