焼豚玉子飯

 今治の中華料理店には、他の地域ではあまり見かけないメニューがあります。それが「焼豚卵飯」。今治では、スーパーの惣菜売場にも並んでいます。

 ご飯の上に焼豚スライスと半熟の目玉焼きをのせ、醤油ダレをかけたもの。半熟たまごを潰してご飯と混ぜ、かきこむのが通の食べ方です。甘いタレに卵の黄身という、こってりした味ですが、お腹一杯になるボリュームと一度食べたら忘れられない印象に、学生や若者の人気を得ています。

 もともとは、今治市の中華料理の名店「五番閣」のまかない飯だったといい、調理人たちの間で人気でした。まかない飯は、料理店でつくられる料理人のためのご飯です。残り物や常備された材料をもとに安くて美味しい料理を手早くつくることは、段取りや予算を考える修行にもつながります。

 飯を盛り、材料を乗せただけで完成する丼ものは、まかない飯にぴったりです。単品だと、質素な内容になりますが、丼ものだと、豪華な料理にも変身するのです。丼ものは、文化年間(一八〇四〜一八)日本橋で芝居小屋を経営していた大久保今助が、温かい鰻を食べようと、丼の中のご飯の間に鰻を入れて蓋をして持ち歩いたのがはじまりと『俗事百工起源』にあります。

 「焼豚卵飯」は、ご飯に焼豚と目玉焼きがのって、ボリュームたっぷりで、しかも低価格。「早い、旨い、安い」が大好きな今治人の気風によく似合った料理なのかもしれません。

たべものTOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら