関ヶ原後の今治

 関ヶ原の戦いの前に、伊予国は6名の武将により統治されていました。今治国府7万石の小川祐忠、宇和郡7万石の藤堂高虎、久米・温泉・野間・伊予10万石の加藤嘉明、和気郡6万石の安国寺恵瓊、大津1.2万石の池田高祐、来島・風早1.4万石の来嶋康親です。

 天下分け目の関ヶ原では、徳川方の東軍に藤堂高虎、加藤嘉明がつきました。

 石田三成の西軍には、小川祐忠、安国寺恵瓊、池田高祐、来島康親がつきました。結果は東軍の勝利。

 小川祐忠は東軍に寝返ったにも関わらず領地没収され出家。

 安国寺恵瓊は三成とともに処刑。

 池田高祐は出家。

 来嶋康親は豊後国森の領主となりました。

 伊予国は藤堂高虎、加藤嘉明の2人が各20万石で治めることになります。先の大名が持っていた領地を等しく分けたため、複雑な配分となっています。

 藤堂高虎は宇和・喜多郡、浮穴郡、越智郡、風早・桑村・周布郡、宇摩・新居郡を所領。

 加藤嘉明は久米・温泉・伊予・和気・野間・浮穴郡、越智郡、風早・桑村・周布郡、宇摩・新居郡を所領。
 そのため、領地は複雑になり、今治地方をみると、

 高虎領は今治平野の大部分と国分村

 嘉明領は拝志・桜井村、野間郡、来島と複雑に分断されています。

 これでは国分城による今治地方の経営は成り立ちません。
 国分城を捨て、海岸部に城を築かなければならない理由は、この様なところにもあったのです。

歴史・藤堂高虎TOPへ

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら