伊予商人って今治人のこと?

 伊予商人とは今治人のこと。椀を売り歩いた商人たちのことを指します。

 同じ椀を扱ってきた人たちに日野商人がいますが、○○商人といわれるのは交易を中心とした商いをしてきたことの証拠。ただ、こうした商人たちには共通した理由があります。

 一つは領主が商売や交易を奨めていること。

 もう一つは交通のアクセスが優れていること。

 今治・拝志においてけんど(ざる)づくりが奨励されていたこと。水軍の歴史があり、海の交易が盛んであったこと。船の往来の積み荷の無駄を防ぐために行きはけんどや椀を積み、帰りに瀬戸物を仕入れるというアイデアがあったこと。これらにより商売繁盛が可能になったことがあげられます。

 同じ伊予の国でも南予はのんびりやが多く、中予は商売よりも文化や政治に目が行く土地柄。日本ではじめて月賦販売をはじめるなど、伊予商人のルーツは東予、すなわち今治人に間違いがなさそうです。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら