海賊と水軍の違いってどんなところ?

 この辺りにいた海賊の記録では、貞観年間の9世紀頃「三代実録」に来島海峡の西の入口にいたとの記述があります。また、中央政府に不満を持つ藤原純友が乱を起こし、近海の海賊を率いて瀬戸内海一円を制圧しようと図りました。しかし、腹心の藤原恒利の裏切りもあって殺されてしまいます。純友には、今治出身の越智一族の血をひくという説もあります。

 12世紀になると海賊衆は組織化され、軍団となります。河野氏は、源氏方の水軍となり、源氏の勝利とともに、勢力拡大を図りました。しかし、承久の変により、領地のほとんどは没収されましたが、元冦のころには再び勢力を盛りかえします。

 南北朝の動乱期には幕府公認の警護料や帆別銭をとっていましたが、時には朝鮮から中国沿岸まで貿易に出掛けています。中国貿易の証は能島から発掘される中国銭や青磁、白磁片がこれを物語っています。

 14世紀、河野家と関係のあった村上氏が台頭し、村上水軍を統一しました。村上師清の子供達が因島、能島、来島にそれぞれ拠点を置いたため、村上三島水軍と呼ばれることとなりました。
 この村上水軍は室町時代から戦国時代にかけ、海の覇者として戦ってきましたが、その名前を高めたのは厳島合戦において毛利方に味方し、陶方の水軍をせん滅したこと。織田軍団を相手に大阪湾で九鬼水軍を打ち破ったこと。秀吉の朝鮮出兵にも参加しています。

 豊臣秀吉の天下統一以後は、海賊禁止令が出されたため、航行の安全のための警護料や帆別銭をとることが禁止となり、瀬戸内海から追われてしまいます。村上武吉と豊臣秀吉の確執は城山三郎の「秀吉と武吉」に詳しく書かれています。

 徳川幕府の成立にともない、水軍の将たちはふるさとを離れ、異国の地で暮らすものや毛利家の家臣となるもの、あるいは帰農するなど時代の流れに身を任せ、分散していきました。
 来島家は豊後(大分県)に移封され、日田、玖珠、速見の三郡を領し、森へ移りました。この地で来島通春は名前を久留島と改め今治に帰ることはありませんでした。

 時代によりさまざまな姿を見せる海の民たち。この人たちは愛する海を守るために戦ってきたのです。この気持ちがある限り、海賊というよりも水軍と呼ぶ方が向いていると思うのは私だけでしょうか。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら