大昔の今治のことを教えて?

 今治市は古くから交通、文化の要として発展してきました。その証拠は今治の各地に点在する古墳や貝塚。
 縄文時代の後期の遺跡としては桜井の沖浦遺跡があり、漁具や土器などが出土しています。弥生時代では阿方貝塚、片山貝塚、町谷遺跡、宮の内遺跡など市内全域にわたって分布し、貝殻や石斧類、勾玉、弥生式土器などが見つかっています。

 古墳時代になると、相の谷古墳群、雉之尾古墳群、国分古墳、鯨山古墳、唐子山古墳群、桜井、近見、乃万地域で数多くの古墳が見られます。銅鏡や土器の他、太刀や鍬などの鉄器も出土しています。
 このように遺跡が点在するのは古くから開けた土地であった証拠。生活がしやすい土地であることの証明です。

 しかし、大規模開発をする側にとっては難しい地域。開発中に土器や遺跡らしきものが出土し、建設を遅らせた例が多々あるのです。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら