今治城がライトアップされるの?

 瀬戸内しまなみ海道の開通にあわせて今治城がライトアップされることになりました。約百個の照明で今治城の天守閣や石垣が幻想的に浮かび上がります。

 東京の照明デザイナー海藤春樹さんに依頼し、約1億2000万円をかけて全面的に改装しました。石垣部分や天守閣の照明を増やし、より立体的に今治城が浮かび上がるようにしたそうです。昼間でも照明器具が気にならないように迷彩色を施しています。しかし、電気代は従来のままとなるよう工夫されています。

 照明を浴びた今治城はオレンジ系の光に包まれ、温かく懐かしい感じに見えます。コントラストがつけられ、闇の中にくっきりとした今治城が浮かび上がります。堀の海水に映し出された今治城に堀の魚がびっくりしているかもしれません。
 照明時間は日没から約30分後に点灯し、午後11時まで。しまなみ海道から光に浮かぶ今治城が見えそうです。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら