今治藩主のお墓があるの?

 幕府の命を受け、伊勢の津へ移り住んだ今治藩主の藤堂高虎公の跡を継ぎ、寛永12年(1635)久松定房公が今治三万石に封じます。

 久松家は、菅原道真の子孫ともいい、葵のご紋と深い関係のある家柄です。以後、定時、定陳、定基、定休、定剛、定芝、定保、定法と久松家の治世は十代続き、廃藩置県により藩から今治県へと変わりました。

 維新後、藩主だった定法公は、東京小川町へ移り住んでいます。昭和30年代に県知事だった久松定武氏は、久松家の子孫。殿様とも呼ばれていたのです。

 今治藩主の墓は、唐子浜に近い古国分寺山にあり、初代の定房、三代定陳、四代定基が67基の灯篭に守られ、安らかに安置されています。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら