今治にある渡海船って何?

 渡海船は、島と今治を結ぶ最も重要な交通機関です。渡海船と書いて「とうかいせん」と呼び、今でも内港に渡海船が停泊し、荷物を降ろしている風景が見られます。

 渡海船は、島の人たちの要望に応じて生産物を今治に運んで販売し、島の人が生活に必要な日曜雑貨を買って帰るという、いわば便利屋さんの存在。販売の代行もひき受け、代金はその日の夕方に注文主まで届けられます。また、購入店の指定も自由。あらゆる用件に応えてくれ、安全で安い手数料・運賃です。

 しかし、時代の流れとともにフェリーや宅急便などを使う人も増え、渡海船は交通が不便な地域に限られるようになりました。

 荷物だけでなく、水を島へと運ぶ水道丸もあります。しまなみ海道が開通しても、小島と来島には水道管が通っていないため、この仕事はまだまだ続けなければならないようです。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら