今治の鉄道の発展について教えて?

 今治、いや四国の鉄道は遅れています。未だに単線。電化されたのもつい最近のことです。

 しかし、昔から鉄道の要望は強く、明治20年代に松山から今治間の鉄道建設計画が持ち上がりました。しかし、これは日清戦争後の不況や株式の暴落によりとん挫してしまいました。

 それから時間がたち、今治駅が開通したのは大正13年。赤っぽいスレート葺きの屋根に白壁づくりの木造建築でした。松山まで鉄道が開通したのは昭和2年のことでした。

 昭和62年から交通渋滞解消を目的とし、鉄道高架事業がはじまり、今治駅の周りの整備が行われました。今治駅は新しく綺麗になり、今治駅周辺の環境も大きく変わりました。レストランやコンビニエンスストア、観光情報センターなどができ、駅周辺は見違えるようにきれいになりました。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら