桜の名所ってどこ?

 今治の桜が満開になるのは潮流の関係でしょうか、四国の中でもやや遅れて咲きます。松山に比べて3・4日遅れというところでしょうか。東京よりも満開が遅れてしまうことも珍しくありません。
 しかし、その代わり、今治には桜の名所が数多くあります。

 今治城を眺めながらの花見というのが「吹上公園」。

来島海峡大橋と島々そして桜のカップリングを楽しむなら「糸山公園」。

瀬戸の島々と海の青さに生える桜を楽しむなら「波止浜公園」。

川沿いの草の上で延々と続く桜並木を眺めながらの花見なら、「頓田川」。

近見山」や「市民の森」のフラワーパーク、鹿の子池公園」など、桜を愛でるのに今治は最高の場所です。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら