今治では魚の名前が変わるの?

 この地域周辺でしか通用しない魚の名前があります。

 例えば「ギザミ」。一般にはベラとかキュウセンと呼ばれます。この魚は名前だけでなく、味も変わります。来島の波にもまれると上品な白身の魚に変わるのです。

 「アコ(アコウ)」は関東でいうキジハタ。クエの仲間です。静岡あたりのあこう鯛とは全く違う魚です。地元では、鯛よりも美味しい魚として珍重されています。名前で勘違いしないように。

 「ナゴヤ」。ショウサイフグを今治ではこう言います。「ナゴヤ」には毒がないと言われてますが、これは大間違い。内臓は猛毒です。「食べたら終わり=尾張ナゴヤ」から名付けられたようです。

 「ホゴ」はカサゴのこと。「ドンコ」とはハゼや小魚をこう言います。

レスケ」とはアナゴのこと。

 最後に下品な名前を一つ。「ションベンコチ」とはメゴチのこと。天麩羅や空揚げにするとけっこう美味しいのですが、この名前はいただけない。乙な味なんですけどね。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら