いぎす豆腐って何からできてるの?

 イギス豆腐とは瀬戸内海、特にしまなみ海道沿いの地域で見かけられる料理です。テングサによく似た「イギス」という浅海の岩礁や砂利につく枝状の海藻を使います。

 「イギス豆腐」とはイギスと大豆粉を寒天のように固めたもの。海老のだしや海老を入れたりして味を整えます。ほんのり漂う磯の香りとひんやりした口触りが爽やかな夏の郷土料理。薄味なので辛子酢味噌や三杯酢などがよく合います。

 ちなみに広島側の島で食べられている「イギス豆腐」は今治の大豆粉の代わりに米のとぎ汁を入れます。とぎ汁を入れるなんて「トコロテン」のようですが、「イギス豆腐」は今のように珍味として味わうのではなく、お米が食べられない時代の食べ物だったようです。

 ちなみに、イギス料理があるのは、しまなみ地域だけではなく、香川県の小豆島、淡路島、鳥取県、長崎県、鹿児島県。長崎では、「イギリス」と呼ばれています。

 飽食時代の今、ミネラルを含むため美容やダイエットの点から「イギス豆腐」が見直されているなんて皮肉なものですね。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら