今治を代表する料理って何?

 来島海峡育ちの身の締まった旨い魚を中心に美味しい料理が今治には揃っています。

 代表的な味で豪華なものというと、活きのいい鯛、アワビ、サザエ、旬の魚を豪快に舟盛りした「海峡づくり」。来島海峡の魚の味が楽しめます。法楽鍋の上に魚や貝、卵をそのままに載せ焼く「法楽焼」。水軍の武器にちなんで「ほうろく」とも言います。

 来島で捕れた鯛を味わうなら、塩の釜で蒸し焼きにする「鯛の浜焼き」、刺身で味わった後の骨と頭を酒で蒸した「鯛の骨蒸し」、鯛とご飯を醤油味で炊いた「鯛めし」などがあります。

 別の項でご説明した「いぎす豆腐」「せんざんき」「鉄板焼鳥」などが今治の味。

 また、今治で誕生した中華料理もあります。「焼豚玉子めし」がそれ。もともとは中華料理店の厨房料理だったそうで、ご飯に焼豚を小さく刻んで乗せ、目玉焼きを上にのせ、タレをかけて出来上がりという簡単メニュー。一度、その味をお試し下さい。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら