桜井海岸は日本の渚百選?

 国民の祝日「海の記念日」誕生を記念して選ばれたのが「日本の渚百選」。海の美しさを再認識し、海と人間の関わりの長い歴史を振り返り、その美しさと豊かさを末永く守っていくために企画されました。
 愛媛県では内海村の須の川海岸とともに今治の「桜井海岸」が選定されています。

 今治市の南端にある波静かな燧灘に面した桜井海岸は延長約8キロの海岸です。花崗岩が風化して出来た白い砂浜と延々と続く緑の松が美しい浜辺です。
 老松2500本が茂る国指定の名勝「志島ヶ原」もあり、リゾートの浜として親しまれています。この松林を守るため、地元有志により「志島ヶ原保存協会」が結成され、松の補植や清掃活動などが行われています。

 海岸の南から大崎海岸、石風呂、沖浦海岸、桜井海岸、唐子浜と続き、様々な施設が各地区に点在し、海水浴や釣り、スポーツが楽しめる絶好のリゾート地帯となっています。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら