今治は俳句や短歌が盛んだった?

 江戸時代から明治時代にかけて地誌「愛媛面影」を著し、今治歌壇の興隆に尽力した半井梧庵の門下生が多く育っています。彼の次男真澄や三男吹城も歌人となりました。梧庵門下には吹上神社の神官、田窪勇雄やその子八束、大須伎神社神官の高橋茂樹、久松長世、大沢如雲などがいます。

 幕末から明治にかけて俳句も流行りました。正岡子規の俳句革新運動を受けた越智虚堂や加藤徹太郎がいます。他に関西三六傑に数えられた広川九圃、博学多才で知られる丹下逸翁がいます。波止浜町長と結婚した高浜虚子の姪・今井つる女は婦人層を指導し、菅原利鎌は村羊の名前でタオル工女の生活を句にしています。

 また、川柳も盛んで正岡仏手柑、村上雁来紅たちにより、明治末期に研究会が結成され、昭和になると野拳を作った松山の前田伍健らの努力で「吹上吟社」「みすか川柳社」が創立されました。

 愛媛県川柳文化連盟副会長で汐風川柳社顧問の月原宵明氏もいます。

「今治おもしろ百科」TOPへ

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら