イタリア映画をもっと知りたいという方は

★☆ CinemaItalia 〜映画でイタリア〜 ☆★をご覧下さい。

イタリアが登場する映画

昨日・今日・明日 / Ieri, oggi, domani
製作 / 1963 イタリア・フランス
監督 / ヴィットリオ・デ・シーカ
キャスト / ソフィア・ローレン
     マルチェロ・マストロヤンニ

ナポリ・ミラノ・ローマ三都市の生活、それも陽気で生活力のあるイタリア人の姿を描く。ソフィア・ローレンは大きなお腹で闇の煙草を売る女性。貴婦人、気のいい娼婦という形で演技力を見せる。

落語に通ずる可笑しさがあります。それも下ネタというスパイスの効いた・・・。

みんな元気 / Stanno tutti bene
製作 / 1990 イタリア
監督 / ジュゼッペ・トルナトーレ
キャスト /マルチェロ・マストロヤンニ
     サルヴァトーレ・カシオ

シチリアに住むアッティオはイタリア各地に住む子供達を訪ね歩く。それぞれの子供達が立派になっている、と信じていたのだが少し様子が違う。それぞれの事情を知るアッティオだったが、親子の絆はいつものままだった。

マストロヤンニのびっくりする姿をまるで拡大鏡のように目玉を強調する眼鏡で表現しています。

ハドソン・ホーク / Stanno tutti bene
製作 / 1991 アメリカ
監督 / マイケル・レーマン
キャスト /ブルース・ゥィリス
    アンディ・マクドウェル

さいとうたかおの漫画、シュガーのような設定。ダ・ヴィンチが残した錬金術の機械を巡って大泥棒が活躍する。バチカン、ダ・ヴィンチ美術館など登場。ブルース・ウィリスは気楽に役柄を演じています。奇想天外、滅茶苦茶の映画。

監督は「アップル・ゲイト」の人。この映画を作ったことで以後、名前を聞かなくなりました。