イタリアでのお買い物

日曜日のお買い物は難しい
イタリアのお店は土曜日の午後、日曜日、月曜日の午前はお休みと考えた方が良いでしょう。また、季節によって違いますが、1時から4時の間もお休み。このことを考えて、お買い物のスケジュールを立てて下さい。しかし、最近は昼休みを取らないお店も増えています。前もって、調べておきましょう。
お買い物はバーゲンを狙いましょう。
夏のバーゲンは7月の初めから9月の終わり頃まで。冬は1月から2月の終わり頃。詳しく何日と決まっている訳ではありません。ショーウィンドーに『 SALDI 』 と書いてあればバーゲン。 値引率は20%から50%引き。70%OFFというところもあります。でも一般的に日本のバーゲンとは違い、季節感が希薄で、夏は冬物、冬は夏物の持ち越し品といった物が多いようです。もし、ブランドのお店で『 SALDI 』 の張り紙が出ていたら、時間が許せば、並んだ方が絶対お得。ただし、お目当ての品があるかは保証できません。

お買い物に必要なイタリア語としては

Posso toccare?(ポッソ トッカーレ)
手に取っていいですか?

Quanto costa?(クアント コスタ)
おいくらですか?

Potrebbe di scont?(ポットゥレッペ ディ スコント)
安くなりませんか?
この言葉はブランドのお店では使ってはいけません。

TAX FREE を活用しましょう
TAX FREE とは免税ショッピング。TAX FREE加盟店では30万リラ+IVA(税金)以上のお買い物をすると、税金が帰ってきます。EU加盟諸国以外の人間が個人使用のためにEU内で規定の金額以上の買い物をする場合に適用。パスポート番号が必要になりますので、パスポートかコピーを買い物の時は持っておくこと。
払い戻しはイタリアを出国するときに空港で申請します。登場手続きが終わったら、搭乗券とトランク、免税伝票とレシートを持って、税関オフィスに行き、スタンプを押してもらいます。払い戻し窓口(CashRefund)へ行き、リラでバックしてもらいます。面倒な時はお店でもらった所定の封筒に入れて取扱い事務局へ郵送すると、60〜90日でカードの口座への振り込まれます。