メニュー  県民性とは何だ?  「人国記」にみる伊予国  県民性本に見る「愛媛の県民性」
漱石と子規が語る松山  獅子文六が語る南予  内田康夫が見た東予  司馬遼太郎が見た愛媛
愛媛が舞台の文学作品と県民性

県民性本に見る「愛媛の県民性」

[「県民性本」の記述を調べてみた]

『県民性』祖父江孝男 中公新書1971.10/『県別日本人気質』河出書房新社編集部 河出書房新社/『県民性がズバリ!わかる本』お国自慢友の会 青春出版社1990.11/『県民性なるほどオモシロ事典』山下龍夫 日本実業出版1996.2/『県人評判記』河出書房新社編集部 河出文庫1996.12/『県民性の謎』千石涼太郎 朝日ソノラマ1997.8/『県民性なるほど雑学事典』日本博学倶楽部 PHP文庫1998.6/『47都道府県うんちく事典』PHP文庫1998.12/『真説県民大図鑑』日本ジャーナル編集部(堀五郎訳)扶桑社文庫2000.4/『県民性 恥ずかしすぎる本当の話』びっくりデータ情報部 KAWADE夢文庫2000.8/『県民性おもしろ事典』平成県民性研究会 成美文庫2000.9/『県民性雑学ハンドブック』
PHP研究所2000.11/『県民性の人間学』祖父江孝男 新潮OH!文庫2000.12/『出身地でわかる性格・相性事典』PHP文庫2001.1/『県民性の日本地図』武光誠 文春新書2001.4/『これは使える!県民性の法則』矢野新一 成美文庫2002.9/『出身県でわかる人の性格』岩中祥史 草思社2003.6/『県民性の法則』葦田万 小学館文庫2003.11/『県民性 知られたくないホントの話』ハイパープレス 青春文庫2003.7/『出身県でズバリわかる相性診断』岩中祥史監修 二見書房2003.12/『県民性の常識・非常識』PHP文庫2005.1/

「県民性本」に見る愛媛の県民性ベスト10

順位

内容

比率
1 東予、中予、南予それぞれの地域で性格が違う「三予人気質」 80.9
2 「坊っちゃん」/また、ぼろくそに書かれてもそれを許してしまう 66.6
3 個性に乏しく凡庸で、中の上を狙う「ほどほど主義」 61.9
4 時には行動的であわてものの「伊予の駆け出し」/おっちょこちょい 52.4
4 温暖な気候のためか、マイペースな「のんびり屋」 52.4
6 人と同じことをしようと考える「保守主義」 33.3
6 日本最古の温泉「道後温泉」 33.3
6 今治桜井地方の椀船に端を発する「月賦販売発祥の地」 33.3
6 全国一の生産量を誇る「ミカン・伊予柑」 33.3
10 誰に対してもやさしく「陽気で明るい」 28.6
10 前田伍健が考案し、祭で盛り上がる「野球拳」 28.6

12位・俳句ポストや句碑など、身近な「俳句生活」/13位・計画が途中でもはじめてしまう「楽天的な性格」/13位・いい女という意味の「愛媛の県名」/13位・進取の気風に富む「水軍や海賊」の末裔/13位・人と違うことを考える「アイデアマン」/17位・愛媛独特の呼び方をする和菓子「タルト」/17位・「なもし」はほとんど使われない/19位・「高校野球」が強い/

他に/忍耐強い/四国の長男/殿様の子孫が知事だった/天守が多い/国宝の島・大三島/住みやすさNo.1松山/目立ちたがり屋で自信家/しまなみ海道/松山捕虜収容所/四国最大の都市・松山

漱石と子規が語る松山

モンドえひめに戻る