メニュー  県民性とは何だ?  「人国記」にみる伊予国  県民性本に見る「愛媛の県民性」
漱石と子規が語る松山  獅子文六が語る南予  内田康夫が見た東予  司馬遼太郎が見た愛媛
愛媛が舞台の文学作品と県民性

県民性とは何だ?

[辞書で「県民性」を調べてみた]

新明解国語辞典(第6版)

三省堂国語辞典(第5版)

「県民性」とは「県民に共通の性格」

では、県民性をつくりだすものとは何だ?

項目

影響
気候 温暖地と寒冷地、雨量、地域固有の風、台風の影響、気候による産物への被害、気候を生かした産物
地勢 海、山、川、丘、湿地などの違い、適した作物、集落規模の大小、大都市との距離、交通の便の差、
経済状態 貧富差、他の地域との交流、すぐれた技術、権力の保護
生活習慣 気候、地勢、経済状態による生活差と習慣
物産 気候、地勢により適した産物、技術の継承
食べもの 地域でとれる物産を生かした料理、交流による料理の伝播
伝統 古くから続く祭祀、芸能、技術継承
方言 コミュニケーション手段、伝播過程での言い換え、固有化

「県民性」とは「地域固有の文化」

なぜ、文化の差異がうまれるか?

文化の伝播

地勢

中央から伝播した「文化」や「技術」などを
住民が取捨選択した結果、地域に残された固有の文化が「県民性」となる

「人国記」にみる伊予国

モンドえひめに戻る