メニュー  県民性とは何だ?  「人国記」にみる伊予国  県民性本に見る「愛媛の県民性」
漱石と子規が語る松山  獅子文六が語る南予  内田康夫が見た東予  司馬遼太郎が見た愛媛
愛媛が舞台の文学作品と県民性

[司馬遼太郎が見た愛媛]

司馬遼太郎
【しば・りょうたろう】(1923-1996)
小説家のちエッセイスト。
1923年(大正12年)8月7日、大阪に生まれる。本名・福田定一。大阪外語学校(現・大阪外国語大学)蒙古語科卒業。学徒出陣で卒業後、陸軍に入り、のち満州行き、終戦時は本土の戦車第1連隊所属。復員後、新日本新聞社をへて産業経済新聞社入社。昭和36年(1961年)退社。
昭和35年、「梟の城」で第42回直木賞受賞。41年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。47年、「世に棲む日々」を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞。58年、「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞。59年、「街道をゆく 南蛮のみち」で日本文学大賞受賞。62年、「ロシアについて」で読売文学賞受賞。63年、「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労賞。平成5年、文化勲章受章。
1996年(平成8年)2月12日没。この2月12日の命日は、司馬遼太郎が愛した野の花にちなんで『菜の花忌』と名づけられた。

愛媛に関係のある司馬遼太郎作品

昭和37年 竜馬がゆく(文藝春秋) 大洲、大洲藩の船・いろは丸
昭和38年 花屋町の襲撃
『幕末』所収(文藝春秋)
後家鞘の彦六(土居通夫)
昭和41年 伊達の黒船
『酔って候』所収(文藝春秋)
提灯屋嘉蔵、村田蔵六(大村益次郎)伊達宗城、桑折氏、宇和島藩
昭和43年 坂の上の雲(文藝春秋) 秋山好古、秋山真之、正岡子規、高浜虚子、河東碧梧桐、柳原極堂
中の川、勝山小学校、松山中学、練兵場お囲い池、愚陀仏庵
昭和44年 花神(新潮社) 提灯屋嘉蔵、村田蔵六(大村益次郎)イネ、二宮敬作、高野長英、伊達宗城宇和島藩
昭和45年 重庵の転々
『馬上少年過ぐ』所収(新潮社)
山田重庵、伊達宗純、宇和島藩
昭和46年 鬼謀の人
『王城の護衛者』所収(講談社)
村田蔵六(大村益次郎)、伊達宗城、宇和島藩
昭和53年 街道をゆく14 南伊予・西土佐の道(朝日新聞社) 松山、重信川、砥部焼、大洲城、冨士山、卯之町、法華津峠、吉田、宇和島和霊神社、松丸街道
昭和54年 ひとびとの跫音(中央公論社) 正岡子規、正岡律、加藤拓川、正岡忠三郎、松山

愛媛に関する司馬遼太郎の記述

作品

内容
花神 「十万石の小藩だが、仙台からここへ移ってきた江戸初期いらい、民治がよく、学問がさかんで、江戸期の天下を分治していた二百数十の諸藩の優劣でいうと、たとえば時計のような、精密機械の印象をもった藩である。(中略)南伊予の温暖な気候風土の影響をたっぷりうけて、士も農もここほどおだやかなところは、ほかに類がない」
「この学問ずきの土地の風として、知的好奇心がさかんだったのであろう」
「十万石の城下は、自然と人情がうつくしいばかりでなく、江戸などよりもずっと人材に富んだ町」
「どのひとびともひと前に張り出して自分を誇示することをせず、それがために天下に知られずにおわっているひとが多い」
坂の上の雲 「伊予松山というのは領内の地味が肥え、物実りがよく、気候は温暖で、しかも郊外には道後の温泉があり、すべてが駘蕩としているから、自然、ひとに闘争心が薄い」
「伊予人の遠祖は、みな瀬戸内海に舟をつらねて漕ぎまわった連中」
昭和56年(1981)
松山市立子規記念博物館講演
「『坊っちゃん』は(中略)名作ではありますが、ずいぶんと伊予松山の人をばかにした小説でもあります。しかし、松山の人はけっこう喜んでいますね。坊っちゃん列車とか、坊っちゃん団子とか、松山はなにかにつけて坊っちゃんです。自分たちがばかにされているのを喜ぶというのは、なかなかしたたかなユーモアの精神です」
「それにしても松山の人は遠慮が深いですね。たとえば松山の人は『漱石、子規』と言う人が多い。近ごろは『子規、漱石』と言う人も増えてきたようですが、これまでは土地の者である子規を漱石の一段下に置いてきた」
街道をゆく 「古くから瀬戸内海文化が沈澱して人間の精神も単純ではない」「伊予というのは、したたかなものだ」

愛媛が舞台の文学作品と県民性

モンドえひめに戻る