日本一古い石碑を捜せ

 「伊予国風土記逸文」に記録されている聖徳太子の松山は道後へ高麗僧恵慈を伴っての来訪。596年に温泉を称え碑文を伊佐爾波岡に建てたと書かれています。
 内147文字からなる文章は効用あらたかな温泉を神の温泉と称え、温泉の周りの環境を褒めたたえたもの。「神の湯を囲んで椿が枝を交えて繁り、緞帳をたれて、蓋を差しかざしているようだ。茂みの中では小鳥のさえずりが極楽鳥のように聞こえ、小鳥の声はなんとも心地よい。真紅の椿は濃い緑の葉を重ねて、湯壷の上を被い、温泉に影を映している」というもの。
 この碑文がどこにあるか、幻の碑石を求めている人が多くいます。半井梧庵の「愛媛面影」によると寛政年間の頃、付近の畑で不浄を忌む畑があるのを知った人が穴を掘ったところ、碑石が出てきました。しかし、そのために温泉の湯が濁りはじめたため、そのまま埋めました。松山の風流人、富田狸通さんのお父さんである富田喜平さんは、碑石を求めて私財を投じ、半生を賭けた人です。喜平さんは神のお告げを聞き、伊佐爾波神社へ登る石段の73段目を掘ってみました。さびた刀は出てきましたが、碑石は出てきません。伊佐爾波神社の拝殿近くや石手寺の橋、放生池も探してみました。息子さんの狸通さんも遺言とばかり碑石を探したのです。幕末に久松家の家老、水野某に藩主が碑を隠し持っていたという噂を聞き、北海道まで問い合わせもしたそうです。江戸時代に書で有名な明月和尚が義安寺の薬師如来堂の下を調べたのが一番古い発掘ですが現在に至っても発見することは出来ていません。
 こうした思いを集めて、椿湯の庭にみかげ石の碑が立ちました。碑文は郷土史家の景浦稚桃氏によるものです。

参考資料/道後温泉 松山市
道後物語 朝日新聞松山支局 愛媛文化双書
わが町道後 道後中学

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後     日本最古の湯釜・湯神社        日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る