日本一長寿の雑誌「ホトトギス」

 俳句雑誌「ほととぎす」は明治30年(1897)1月15日、海南新聞にいた正岡子規の友人柳原極堂の手により刊行されました。発行部数は300部。一部六銭でした。正岡子規が提唱する俳句革新の援助を思い立ったことが発刊の目的でした。正岡子規もとても喜び、子規の門下も賛同しました。もちろん、「ほととぎす」の名前は子規を意味しています。印刷は海南新聞の号外用の印刷機を使い、紙はその辺にあるものを借りて使いました。社の仕事が終わってから印刷を行ったのです。早速、上京し、子規らとあい、原稿を頼み、誌名は「ほととぎす」と決め、もう題字の木版も作ってある、といい承知させました。実はまだ作ってなかったのですが・・・。題字は下村為山が書きました。
 発刊間もない頃、「ほととぎす」の看板を見て、肺病に効くというから「ほととぎす」の黒焼きを売ってくれ、とお婆さん。いや、本ですというと、ほととぎすの効能書だと勘違いされる有り様。
 読者は全国に拡がり、名実共に日本俳句派の機関紙となりました。明治31年には柳原極堂から高浜虚子へと受け継がれ、発行も東京へ移りました。35年にはカタカナ表記の「ホトトギス」となり、表紙のデザインも新しくモダンなものに変わりました。東京に移ってからは和歌や新体詩が入り、幅広い文芸誌となります。38年からは夏目漱石の小説「吾輩は猫である」を掲載。これが大変な人気となり、文芸誌としての道を歩んでいきます。勿論「坊っちゃん」も「ホトトギス」が初出。
 大正2年には文芸誌から再び俳句雑誌に帰り、虚子自らを「守旧派」と称し、「平明にして余韻ある俳句」を実践していきます。また、前年に復活した「雑詠」が全国俳人の檜舞台となり、昭和初期の虚子による「花鳥諷詠」論の展開により俳壇の主流となりました。昭和26年には高浜年尾、昭和52年には稲畑汀子が主宰となっています。明治30年の発刊以来、百年以上、昭和55年には通巻1000号をこえる歴史を刻んでいます。

参考資料/俳誌「ホトトギス」と愛媛 愛媛新聞社編 愛媛文化双書
松山市立子規記念博物館パンフレット
愛媛県百科大事典 愛媛新聞社

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る