日本初の軽便鉄道、伊予鉄道

明治21年(1888)10月23日、小林信近(1842〜1918)らの手により松山〜三津間の鉄道が誕生しました。鉄道では現在のJR、現在の南海電車に次ぎ全国で三番目。レールの幅が2フィート6インチと狭い軽便鉄道では日本初の快挙です。夏目漱石の「坊っちゃん」で「乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ。ごろごろと五分許り動いたと思ったら、もう降りなければならない」と紹介されてから「坊っちゃん列車」と呼ばれるようになりました。
 最初の機関車はドイツから購入したものでした。12人乗りの客車を引いて松山から三津浜が27分で運賃が3銭5厘。一日10往復で2000人を運びます。
 もともとは木材を三津の港に運ぶのが目的でした。当時、松山から三津浜の間は道路事情が悪く、運賃も大阪までの費用より高くついたのです。費用がかからず、規模が少なくて住む軽便鉄道の利用を思い立ち、ときの鉄道局へ敷設願いを出したのですが、なかなか聞き入れてくれません。当時は官線が新橋-横浜間、京都-神戸間。会社線も大阪-堺しか開通していませんでした。小林信近は鉄道局を何度も訪ね、ついに許可されたのでした。
 その後、道後鉄道、南予鉄道が誕生しますが、最終的には伊予鉄道が2社を吸収合併。明治44年(1911)8月8日、一番町〜道後〜古町が電化され、「坊っちゃん電車」が登場します。伊予鉄に対抗しようと道後〜江ノ口に松山電気軌道会社が誕生し、壮絶な競争を開始されました。料金の大幅値引き、景品、鐘を鳴らしての客取り合戦が繰り広げられましたが、結局、大正10年(1921)伊予鉄道が松山電気軌道を併合してケリがつきました。伊予鉄道は現在バスや不動産、デパート経営など伊予鉄グループを形成しています。
 小林信近は天保13年、松山藩の儒者、中島漢山の子どもとして生まれました。自由民権運動を唱え、共耕社という政党を組織し、県議会議院に選出、議長まで務めています。また、前に述べた伊予鉄道や松山水力発電会社、第五十二銀行(後の伊予銀行)、伊予製紙会社など地域発展のために身を捧げています。しかし、これらの事業は成功すると他の人に譲り、自分は新しい事業に取り組むという方法をとったため、犠牲と損失が多く、老年は不遇の人生を送っています。

参考資料/愛媛の明治・大正史 高市盛周著 愛媛文化双書
伊予史あらかると 景浦勉著 愛媛文化双書
松山百点172 えひめリビング新聞社
愛媛県百科大事典 愛媛新聞社
 

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状  日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る