日本初・空路の新婚旅行

 日本ではじめて、空の新婚旅行を楽しんだのは松山のカップル。一万に住む渡部萬次郎さん(当時24歳)と春日町の三好里子さん(当時20歳)。昭和3年(1928)7月13日のことです。今治市から別府まで小型水上飛行機による1時間20分の旅。
 これは昭和3年6月から堺-高松-今治-大分の間で日本最初の旅客輸送をはじめた日本航空輸送研究所(本社/大阪)のPRも兼ねていました。と、いうのも新郎の渡部萬次郎さんは日本航空輸送研究所の飛行士。二人の空の旅は新聞に大きく取り上げられましたので大成功というところでした。
 日本航空輸送研究所は大正11年(1922)、堺-徳島間で小貨物や新聞、写真乾板の輸送をしていましたが、12年に高松まで延長、14年に堺-高松-今治で郵便定期飛行。昭和2年に大分まで延長し、昭和3年6月から旅客輸送をはじめたのです。昭和4年には松山にも基地が建設され、松山-高松-大阪の新路線。ユンカース6人乗り飛行機を使用し、松山-大阪は運賃が15円。1時間半の旅でした。大阪まで約12時間、運賃は5円の船旅と比べると割高でしたが、早い旅ができると好評でした。昭和10年に別府まで延長。ちなみに松山の発着場は最初、三津浜の海岸でしたが、昭和4年8月から梅津寺に変わりました。現在も梅津寺遊園地の北東隅には格納庫のコンクリート床が残っています。
 この日本航空輸送研究所は大正13年には南宇和で魚群探査、昭和3年には今治の魚を生きたまま大阪へ空輸しています。

参考資料/愛媛県百科大事典 愛媛新聞社
松山空港物語 高田英夫

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄  日本初の飛行免状 日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る