日本初の遍路・衛門三郎

 弘法大師が四国を巡錫されたときのこと。荏原へ立ち寄り、家々を訪れて布施をお願いしました。この村には河野家の一族でどん欲な富豪の衛門三郎というものがおりました。弘法大師が門前に立ち、布施を頼んだ時、三郎は大師の持っていた鉄鉢をたたき落としました。その鉢は八つに割れ、大師の姿も見えなくなったといいます。衛門三郎は八人の子供がありましたが、その翌日から子供達が次々に死に、八日間で八人の子供が亡くなってしまったのです。さすがに強欲で冷徹な三郎も衝撃を受けるとともに、自分が乱暴した僧侶が弘法大師であったことに気付きます。懺悔の気持ちを持ち、大師を追いかけ、四国各地を廻りますが、旅路の疲れで病に冒されました。阿波の焼山寺のふもとだったといいます。死を待つばかりとなった三郎の前に弘法大師が現れました。三郎は今までの非を詫び、来世には国司の家に生まれたいという望みを残して死んでしまいました。大師は道ばたの石をとって衛門三郎と書いて、左の手に握らせました。
 翌年、道後の領主、河野息利の妻が子供を生みました。その子は左手を固く握って開きません。父母は心配して安養寺の住職に加持をしてもらうと、手を開きました。すると中から石が転げ出て、石には衛門三郎と書いてあったのだそうです。その子は15歳で家督を継ぎ、人民を慈しみ偉大な功績をあげたそうです。
 そして河野家に代々伝わるその石を一遍上人の代に河野家の菩提寺、安養寺に納め、南北朝時代にはその故事にちなんで石手寺と称されるようになったのです。
 衛門三郎と刻んだ石は玉の石と呼ばれ、寺の宝となっています。
 この衛門三郎の伝説が遍路のはじまりとして広く知られています。この伝説は「伊予二名集」「豫陽郡郷俚諺集」「愛媛之面影」などに書かれています。
 四国遍路の風習は平安時代からありましたが、88ケ所になったのは室町時代から。遍路が「同行二人」という札を納めて廻ったところから札所という名称が生まれています。

参考資料/伊予史あらかると 景浦勉著 愛媛文化双書
愛媛の文学散歩3 秋田忠俊著 愛媛文化双書

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る