川に名を残す足立重信

 司馬遼太郎が「街道をゆく・南伊予・西土佐の道」で「日本の河川で人名がついているのはこの川(重信川)だけではないか」と書いてあります。その言に倣い、日本唯一とさせていただく次第。
 さて、重信川は加藤嘉明の御代までは現在の流れではなかったのです。また、名前も伊予川と言っていました。文禄四年(1595)加藤嘉明(1563〜1631)は淡路国志賀城から松木城六万石に赴任してきます。慶長六年(1600)関ヶ原の戦いの功労によりニ○万石に加増されました。松木城は海辺に近いため、波風の襲来を受けやすく、周辺部も手狭なため、他の地に移転することに決めました。そこで伊予川・湯山川の大改修に着手しました。目的は伊予川の氾濫を防ぎ、要害に備え、城下町の繁栄を促し、近在の田畑の灌漑に活用しようと考えたのです。湯山川の流域を南に変え、その末流を伊予川に合流させました。この功績により伊予川が重信川と呼ばれるようになったのです。
 築城工事には様々な逸話が生まれています。まずは松木地域から魚類を販売する婦人たちを「おたた」と呼びますが、この人たちを活用しました。小砂を入れた桶を頭にのせて正木から松山まで運ぶのです。「永いものぞな 松前のかづら 蔓は松前に 葉は松山へ 花はお江戸の城で咲く」と唄って労役に従事したといいます。この桶を御料櫃=ごろびつといい、この労苦をねぎらうため、おたたは城下を自由に出入りできることになりました。また、加藤嘉明の夫人、お万の方は今の松山市役所あたり、八股に立ち、握り飯を配り志気を高めたといいます。
 足立重信にはもう一つの逸話があります。それは瓦を山の上に運ぶにあたって、近郊の農家より人をたのみ、人垣を作らせ、手ぐり渡しで一夜の内に全部を運ばせて嘉明を驚かせた、といいます。知恵者の面目躍如といったところです。

参考資料/松山城 松山市
伊予史あらかると 景浦勉著 愛媛文化双書

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る