四国四大祭・松山まつり

 四国の夏を彩る祭というと香川県の高松まつり、高知県のよさこい祭、徳島県の阿波踊り、そして愛媛県の松山まつり。これらを称して四国四大まつりといいます。
 「松山まつり」が始まったのは昭和41年(1966)のこと。その当時は「松山おどり」と呼ばれていました。しかも、繰り広げられる踊りは野球拳ではなく他の踊りだったのです。その踊りは「伊予の松山鼓踊り」。能の舞いをヒントに考案されたマンボ調の踊りです。また、現在も続いている松山まつりのページェント「ミュージックナイター」(最初はミュージカルナイター)は第三回の昭和43年(1968)から。音楽隊の演奏や民踊、花火の組み合わせによる四国初のユニークな催しでした。
 「伊予の松山鼓踊り」は新作ということで市民に溶け込むことが難しかったためか、第五回の昭和45年(1970)「野球拳おどり」に変わります。昭和47年(1972)の第七回から名称が「松山まつり」となります。この第七回はビックイベント、花火大会が登場します。PL教団が主催する「PL花火芸術大会」です。松山出身の御木徳一初代教祖を偲んで開催されていた花火大会を「松山まつり」の前夜祭の行事としたのでした。
 第八回(1973)からは堀之内に夜店がオープン。以後、堀之内はお祭り広場となり、野外コンサートやチャリティバザー、フリーマーケットなどが開催されることとなります。
 第十回(1975)には伊予万歳の三番叟を現代風にアレンジした「新伊予万歳」が登場しますが、定着しませんでした。第十四回(1979)には市制90周年を記念して太鼓作曲家の畑中健三氏作曲の「伊予之国 松山水軍太鼓」が登場し、以後よく演奏されます。
 花火大会は昭和56年(1981)の第十六回には残念ながら中止。その穴埋めとして女性が主役の「樽みこし」が催され、第ニ五回まで続きました。
 市民の要望も花火大会の再会を望んだため、昭和58年(1983)の第十八回からは南海放送が主催し、松山まつり前夜祭としてサンパーク南の重信川河川敷で開催されています。
 第ニ十回(1985)には富くじ抽選付きの「松山藩札」が発行され、まつりを盛り上げました。
 松山市制百周年記念の年、第ニ四回(1989)からは「野球サンバ」(作曲・ダン池田)も加わり、サンバとなった野球拳のリズムに本場ブラジルからのサンバチームも参加、まつりの夜は熱気に包まれました。
 平成12年(2000)には35周年を迎え、毎年、様々な趣向をこらし約60万人を集める夏の祭典「松山まつり」。これからもますます発展し続けるようです。

参考資料/踊りャんせ!野球拳 松山まつり実行委員会 愛媛新聞社

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る