三大絣のひとつ・伊予絣

久留米絣、備後絣と並んで三大絣のひとつ、伊予絣が産み出されるためには二人の力が必要でした。一人は菊屋新助(1773〜1835)。波方出身の新助は松山城下に出、松前町に伊予縞を作る織屋を開業します。当時の機は不完全で生産効率が悪いことを新助は気にしていました。そこで西陣から高機(たかはた)を取り寄せたのですが、複雑すぎ木綿織には不向きでした。新助は改良に改良を加え、伊予縞の生産を向上できる機を作り上げました。この機を城下の下級武士に貸与し、量産化を図るとともに藩からの資金貸し付けを嘆願し、融通を受けることが出来ました。このことにより、伊予縞は販路が拡大し、伊予結城と呼ばれるようになりました。新助が考案した高機は鍵谷カナにより、伊予絣の生産に使われることになります。
 菊屋新助の墓は木屋町の円福寺に、頌徳碑は道後公園にあります。
鍵谷カナ(1782〜1864)は垣生の今出(いまず)の生まれ。伊予絣を生み出すきっかけは藁葺き屋根のふき替えの時だといいます。押し竹の縄に括られた部分の藁は白く、陽に当たっていた藁は褐色に変わり、綺麗な模様が出来ていました。この模様を布にできないか、と考えた結果が伊予絣という訳です。享和年間に伊予絣が作られたといいますから、久留米絣よりも早く完成していたことになります。
 絣の模様をつけるには糸の束を縛り、模様の箇所にする場所を染まらないようにします。好みの模様を出すために経糸と緯糸を計算して縛っていくのです。複雑な模様になるほど手間を要し、「かすれ」が味になります。この「かすれ」が絣の語源だといいます。現在は日常で絣を使うことはほとんどなく、多くは土産物。明治半ばから生産量が全国一位だったことが夢のようです。
鍵谷カナの墓は西垣生の長楽寺、胸像が伊予かすり会館の玄関横にあります。
また、絣の製造過程や歴史をもっと知りたい方は伊予かすり会館へどうぞ。

参考資料/愛媛の明治・大正史 高市盛周著 愛媛文化双書
ふるさと勝山 松山市立勝山中学校
松山百点168 えひめリビング新聞社
愛媛県百科大事典 愛媛新聞社

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る