俳句王国・まつやま

 松山は近代俳句の父である俳聖・正岡子規をはじめとして子規門下で子規の跡を継ぎ「ホトトギス」を出版する高浜虚子、自由律の巨人、河東碧梧桐や内藤鳴雪や村上霽月、柳原極堂らの松風会の面々、人間探究派の中村草田男、石田波郷など多くの俳人を輩出しています。
 古くは河野家から出て時宗を開く踊念仏の一遍上人が南北朝時代の連歌集「莵玖波集」に句が納められています。また、四代藩主の松平定直が松尾芭蕉の門下、宝井其角の門に入り、三嘯(さんしょう)と号し、元禄5年(1692)には芭蕉、基角ら6人で連句の座を自邸で催しています。小林一茶も松山へ寛政7年(1795)と寛政8〜9年にかけて二度も松山を訪れ、全国的に有名だった俳人で松山の造酒屋、栗田樗堂を訪ねています。この時、一茶が松山を去ろうとするのを句作で引き止めようとしたのでした。
 松山が俳句王国と呼ばれるのは句碑が300以上もあるという全国的にも珍しい地域であり、しかも正岡子規ゆかりの史蹟や博物館が多いことから、俳句に興味のある人にとってはメッカとなっています。
 俳句王国松山で注目されるのが、昭和43年(1968)からはじまった俳句ポスト。主な観光地や旅館・ホテルの約40箇所に置かれ、ニヶ月に一度、回収され、特選三句、入選ニ○句が選ばれ、記念品が贈られます。そして年一回の句集に入選作が納められ、入選者と希望者に配られます。また、年一回開催される「子規顕彰全国俳句大会」には全国から多くの作品が寄せられます。

参考資料/四国まるごと自慢 愛媛新聞社
俳誌「ホトトギス」と愛媛 愛媛新聞社編 愛媛文化双書
ガイドブック道後温泉 (株)SPC

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る