能王国・まつやま

 松平家が愛したからでしょうか、能は今でも松山に生きています。
松山は松平家が統治していましたので、幕府の方針として能楽を儀式用の芸能として保護しました。ニ代将軍秀忠、三代将軍家光が喜多流の能を好みましたので、松山藩ではシテ方に喜多流を採用しています。松山11代藩主松平定通はワキ方に下掛宝生流を好んでいます。藩政時代の松山城には二の丸と三の丸に能舞台があったそうです。
 明治維新に際し、藩主の所蔵する能面、能装束が競売に出されることになりました。このとき、高浜虚子の父、池内信夫と正岡子規のおじ歌原良七、藤野漸が保存のために奔走しています。能道具は東雲神社に奉納されることとなりました。現在、この衣装や能面は「東雲さんのお能」で見ることが出来ます。県指定の文化財。能面は室町時代から江戸時代の中期、狂言面や衣装は桃山時代から江戸時代中期のものが多いようです。能面153面、狂言面42面、能衣装110点が保存されています。
 東雲神社では正月3日と春に薪能が舞われれます。これは明治8年(1875)から始まっています。その頃、味酒にあった能舞台が東雲神社本殿北側に移転し、1月3日の松囃子の神事と春夏2回の神能が催されるようになりました。明治の終わりに改築されましたが、昭和20(1945)年の戦災で焼失。戦後は長く神能が中断されていました。現在の能舞台は昭和50年(1975)に建てられたものです。以後、神能が催されています。
 他に能舞台は松山市民会館に能楽堂、大和屋や二の丸公園にあり、薪能などが行われています。
 また、高浜虚子や河東碧梧桐、内藤鳴雪、藤野漸ら、俳句の巨頭たちは能の名手でもあったといいます。高浜虚子のお兄さんである池内信嘉(1858〜1934)は能の功労者。明治35年(1902)上京し、雑誌「能楽」を発刊し、後継者の育成につとめています。後に、東京音楽大学の教授となり、日本能楽の再建に大きく貢献しています。能楽の重鎮、金子亀五郎(喜多流)、川崎九淵(太鼓)、宝生弥一(ワキ)たちの松山出身者を指導・庇護したことでも知られています。
 松山出身の人間国宝として、古川七郎さん(狂言)、金子匡一さん(シテ)がいらっしゃるのは郷土の誇りです。

参考資料/愛媛県百科大事典 愛媛新聞社
伊予風土記 松山中央放送局
松山百点175 えひめリビング新聞社

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る