世界に紹介された十六日桜

 小泉八雲の「怪談」により英文で世界に紹介され、孝子桜として名高いのが十六日桜です。重病の父が「一目桜の花を見て死にたい」というので子供の吉平が桜に祈ったところ、大寒にもかかわらず花が咲いたといいます。この奇跡により老父は長寿を保ったそうです。
 十六日桜の古木は山越の龍隠寺にありましたが戦災で焼け、枯れてしまい、今はその実から育てたという木が天徳寺境内裏とロシア人墓地近くの桜ヶ丘団地にあります。ヤマザクラの早咲きの品種で旧暦の正月十六日頃に開花するためこの名前がついています。
 この小泉八雲の前にも冷泉為村(1712〜1774)が歌を詠んでいます。「はつ春の 初花ざくら めづらしく みやこのむめの さかりにぞ見る」為村は八代松山藩主松平定静公の和歌の師です。
 小林一茶(1763〜1827)が北条八反地から松山に来た時、この木を見ることを切望しました。旧暦十六日に花を咲かす桜を見たことを「寛政紀行」の中で「名だたる桜見んと、とみに山中に詣侍りきに、花は咲満たる芝生かたへにささえなどして、人々の遠近にあつまりたるを見て、 玉櫛笥 二名の島のむつみ月 むつむや花の もとにつどへり」と書いています。
 正岡子規も「めづらしや 梅の蕾に 初桜」「うそのやうな 十六日桜 咲きにけり」「孝行は 筍よりも 桜かな」と詠んでいます。
市指定の天然記念物となっています。

参考資料/愛媛の文学散歩1 秋田忠俊著 愛媛文化双書
伊予路の文化 松山市教育委員会

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ 日本百選イン松山
びっくり

お札に関係のある町・松山 日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る