お札と松山の関係

 松山はお金、それもお札に縁があるのです。では、その理由を検証していきましょう。
 まずは旧千円札の伊藤博文(1841〜1909)。初代内閣総理大臣の伊藤博文は明治42年(1909)に松山へ来訪。道後公園における歓迎会で「余の祖先は伊予の出なり・・・」と演説しています。ちなみに伊藤は伊予の豪族、河野氏の出身で松山の桑原にあった淡路ヶ峠城主・林淡路守通起十世の子孫にあたります。
 旧五千円・一万円札の聖徳太子に関しては「伊予国風土記」に記されているように596年、高麗僧の恵慈を伴い道後を訪れ、伊予の湯を褒め称えた日本最古の金石文を残しています。この内容は神の温泉を囲んで椿が繁り、さながら楽園のよう、と道後温泉を絶賛しています。
 千円札の夏目漱石は皆さんご存知の「坊っちゃん」の作者。小説では道後温泉(住田の湯)を手放しで褒め、湯槽で泳ぎ、「泳ぐべからず」の看板が出たとも道後温泉神の湯には現在もその看板が残っています。(小説にならい、作成されました)
 五千円札の新渡戸稲造(1862〜1933)は岩手県出身。農法学博士。教育者であり、国際的な平和論者です。昭和7年、新渡戸は愛媛県下を講演で回りました。そのとき、松山で新聞のインタビューを受け、「将来、日本を滅ぼすものは軍部、軍閥・・・」と語りました。新渡戸はこの言により公職を辞し、民間人として日本の国際関係の緩和につとめようとしますが、翌年、カナダで客死します。札幌農学校時代の教え子で松山農学校の校長となった菅菊太郎や余土村村長の森盲天外が書いた「一粒米」を通じ、松山とは親交があったのです。
 一万円札の福沢諭吉はというと直接の関係ではないのですが、「坂の上の雲」の主人公の一人、秋山好古陸軍大将が大の慶応ファン。息子を慶応に通わせています。また、松山中学校の前身、松山英学所の初代所長、草間時福が慶応義塾出身。福沢諭吉の意志を反映し、民権意識の高揚に尽力しています。
 さて、ミレニアム発行となった二千円札の紫式部。源氏物語に道後温泉が登場します。空蝉の巻の伊予之介の妻・空蝉と軒端荻の会話の中、夕顔の巻でも数の多い例えとして伊予の湯桁のことが出てきます。
 このようにお札と関係が深い松山市。この関係のように財政面でも上手くゆくことを願います。

参考資料/松山百点180 えひめリビング新聞社
愛媛県百科大事典 愛媛新聞社
ふるさと勝山 松山市勝山中学校
道後温泉 松山市

日本一

日本一住みやすい町・松山    日本一の企業    日本一の宴会芸・野球拳  日本一のペンネーム・子規 絵画修復日本一・武智光春
日本最古

日本最古の温泉・道後  日本最古の金石文  日本最古の湯釜・湯神社  日本最古の納め札・円明寺 最古の現存誌・ホトトギス
生みの親

日本騎兵・秋山好古  海軍航空隊・山路一善    宮内いよかん・三好保徳      時宗・一遍     プロ野球・押川清
日本初・交通

日本初の軽便鉄道・伊予鉄 日本初の空のハネムーン  日本初の飛行免状   日本初の遍路・衛門三郎
日本初・書物

物理書・気海観瀾   週刊俳誌・俳諧花の曙   野球小説・山吹の一枝  SF小説・海底軍艦
日本初・芸術

ローマ法王演奏・西村直記 デザイナー・杉浦非水   賛美歌・西村清雄    絵手紙・小池邦夫
日本初・施設

重要文化財・道後温泉本館    松山俘虜収容所
日本唯一

皇室の湯・又新殿 川に名を残す・足立重信  興居島の船躍り
三大・四大

日本三大平山城・松山城 四国四大祭り・松山まつり 三大かすり・伊予絣
ベスト・芸術

映画ベスト10に輝く人たち 音楽で賞をとった人たち           文学賞をとった人たち
ベスト・運動

オリンピックで活躍した人 高校野球で優勝したチーム 野球殿堂を飾る人たち
○○王国

俳句王国・まつやま 野球王国・まつやま 能王国・まつやま
すごいもの

八幡造り・伊佐爾波神社 戦後初・プロ野球キャンプ            世界に紹介の桜・十六日桜 日本百選イン松山
びっくり

日本で三番目の俳誌 四国で一番多い遍路札所  ふたりの団十郎

「MONDOえひめ」に戻る  「松山のいちばん」トップに戻る