「イタリア紀行」  「やきとり天国」  「松山のいちばん」  「掲示板」

2005年8月

8月17日(水)
お盆の喧噪を避け、仕事がはじまるこの時期に高知へ日帰り旅行。目的は美術館、博物館めぐりであります。以前は高速で高知へと向かっていたのですが、今回は西条から寒風山を抜けていの町へ入り、高知へというコース。ところが西条でネズミ捕りにひっかかってしまいました。17キロオーバーで一万二千円の罰金。経費節減のためと考えていたのに、予算が大幅に狂ってしまいました。
まずは高知県立美術館で開催されている「大Oh!水木しげる展」へ向かうと、親子連れで賑わっています。タイトル通り、水木しげる大人の生涯と作品をたどるもの。妖怪がもっと登場しているのかなと想像していたのですが…。ただし、展示内容は面白く、漫画の歴史に興味深いものがありました。
美術館で昼食をとりました。魚のランチ「鮮魚のグリルガーリックパン粉のせ」1000円。美術館の食事だからとあなどっていたのですが、これがとても美味しかった。トマトソースもコクがあり、本格的な料理でした。子供用に鬼太郎ランチというのがあり、興味をそそったのですが…。
南国市にある高知県立歴史民族資料館で「」の企画展をしていたので、そちらへ。鬼の面の展示が中心で、やや小さい規模のもの。小さいながらもわかりやすく、多彩な内容ではありましたが、もうすこし突っ込んだものだったらと思ったのは欲張りでしょうか。
帰ろうととすると、学芸員らしき人とメガネの人物が建物のそとで話しています。お顔を見ると小松和彦さんのよう。話の腰を折るのも何かと思い、車中へ。サインをもらえばよかったかなと残念しきりであります。
次は高知市内のまんが館。嫁さんが行きたいというので何をしているのかと思ったらCLAMPの原画展でした。確かにきれいなのですが、興味がないのでよくわかりません。ただし、嫁さんは大満足でした。

8月14日(日)
南海放送「フォークジャンボリー」
出演のため、今治駅へ。午後2時頃に出かけると出番は午後3時すぎということなので、駅でぶらぶらしました。出演者はララさん、しんさん、ハタくんとよく知っている面々。先日、取材でお世話になった悠々列車のロバートさんと雑談して時間を過ごしました。
本番は今治のことなどをあれこれ喋りました。約5分ほどの出演なので、ギャラは缶ビールとインスタントラーメン、洗剤など。8月1日に出版された「マンガで読み解く愛媛方言 愛媛ことば図鑑」の宣伝をさせていただけたのがとてもありがたい。
夜は鯛の刺身が食べたいと郷の一本釣りへ。ビールと鯛の活き造り、鮎の塩焼き、ソラマメなどその他にもいろいろ食べて飲んで七千円ほど。鯛の骨はあとでアラ炊きとしていただきました。
場所を郷の源内にかえ、ハモの湯びきやスルメイカの天婦羅、豚肉冷しゃぶなどを食べて飲み、最後にひがしのでお好み焼き。
体重は果たしてどのくらい増えたのでしょうか。

8月13日(土)
12日まで編集やら打ち合わせやらで右往左往していたため、骨休めに松山へ。
谷町にあるビデオ100をのぞくと掘り出し物がざくざく。黒澤明の「一番美しく」、ビリー・ワイルダーの「失われた週末」など10本近くゲット。一本が100円なので合計千円なり。今治の北高下でも30本近く買っており、ビデオリストは名作がけっこう揃いました。
最近、肩が痛いので温泉治療に通っています。仕事のし過ぎだろうかと嫁さんにいったら「五十肩」とそっけない返事。松山にきたのでキスケの湯へ入りました。550円。肌がすべすべする湯です。ここのメリットはマッサージ機が無料ということ。ひとり一回という建前なのですが、ずるをしている人もいてなかなか順番がまわらないのが現状。なんとか、肩と足裏のマッサージを体験しました。
嫁さんと義姉は風呂上がりのビール。私は運転があるため、お茶。せつない気分です。

8月10日(水)
義姉の友だち2人と義姉、嫁さんの5人で今治国際ホテルのビアホールへ。男性3800円、女性3400円で2時間の飲み放題、食べ放題。ビアガーデンやビアホールというと雑然とした印象ですが、さすがホテル。落ち着いた雰囲気です。というのも、食べものはバイキングですが、飲みものはウェイターが取り替えてくれます。
また、22階から眺める来島海峡は空の変化や潮の流れがはっきりとわかり、美しさを心に刻みます。
料理はステーキやら寿司、オードブル、郷土料理のセンザンキ、焼鳥、湯はぜ(フカの湯ざらし)、ケーキなど満足のゆくものでした。

8月7日(日)
久しぶりに今治焼鳥の取材。「YAJIKITA ON THE ROAD」という番組で全国FM12局ネットの放送です。8月4日にメールで依頼があり、7日はおんまくという地方祭のため、各方面のお願いでバタバタしておりました。
レポーターは、なつかしやFM愛媛で活躍していたわたなべヨシコさん。ヨシコさんが表紙を飾った「ボードウォーク」2号(1993年2月発行)を贈らせていただきました。
まずは今治ヤキトリ料飲組合長の山鳥さんの取材。鉄板焼鳥、今治の地鶏開発や10月からはじまるキャンペーン(ハワイ旅行があたるといいます)のことなど伺いました。
次はやきとりの酒を販売している山丹正宗さん。ちょうど祭たけなわの新町でお酒を販売しているところへ到着すると太鼓の音が響いています。録音が無理ということなので、ブリキのがちょうへと移動しました。
ブリキのがちょうでは「やきとり天国」という楽曲をつくったさんちゃんが待っています。早速、ギターを披露してもらいました。取材の際に「いまばり〜」という合いの手を要求されるのですが、音楽に不自由な私のために、合いの手だけでお助けマンを用意していただきました。どうもすみません。
日曜日というのに働いている今治市観光課のA氏たち、山丹正宗さんに話を伺い、最後は悠々列車ロバートさんのところへ。ロバートさんは熱烈なせんざんきファン。せんざんきの魅力を英語で語っていただきました。先日インターネットをはじめたというマフィンをいただき、試食。もっちりしていて美味でした。ありがとうございます。
さて、このFMは青森・秋田・山形・福島・新潟・長野・富山・岐阜・岡山・徳島・大分・鹿児島・沖縄の全国12局ネット8月20・27日(※19時〜19時55分 局によって変更あり)のオンエア予定です。残念ながら、愛媛では聴けませんが、楽しいものになっていると思いますので、ぜひご拝聴のほど、よろしくお願いいたします、

ご意見・ご感想などメールの宛先はこちら

2006年12月  2006年11月  

 2005年8月  2003年1月  2002年9月 2002年8月 

2001年10月 2001年9月 2001年8月 2001年7月 2001年6月 2001年5月 2001年4月 2001年3月 

2000年12月 2000年11月

旅日記・食べ日記・恥じ日記TOPへ戻る

「モンドえひめ」へ戻る