和食・割烹 寿司 うなぎ・丼 天麩羅・串 うどん・そば お好み焼・タコ焼 焼鳥 居酒屋

中華料理 ラーメン・餃子 フランス料理 イタリア料理 レストラン 焼肉・ステーキ ワンショット 個性的なお店

喫茶店 ケーキ 和菓子 パン お土産 モーニングランチ 眺めのいいお店

食材も豊富ないまばり

 今治の素材で旨いものというと、やはり「鯛」と「瀬戸内の魚」。「鯛」は明治・大正の頃には網を入れると一回で何万匹もとれたという。この辺りでは焚きよせ漁といい、桜鯛の季節になると、夜、かがり火を焚いて鯛を呼び寄せ、漁をするという風習が残っている。また、大浜地区では鯛は一本釣り。網で捕ると、鯛のみが痛み、生け簀に入れても長もちしないので、鯛は釣でものする。大正時代に航空会社が出来た時、今治の鯛は空輸され、大阪の料亭に運ばれたという。宅急便の歴史を飾る鯛なのである。
 瀬戸内の魚も旨い。何故かというと、関門、鳴門と並び日本三大急流の一つ、来島海峡でとれる魚は身がよくしまっているのだ。ぎざみ(べら)やほご(かさご)、あぶらめなどどれをとっても上品な味わいと変わる。
 こうした瀬戸内の魚の中で王様とまで呼ばれるのが、「あこ」。あこうともよばれるが、関東でいわれる「あこう鯛」とは違い、「きじはた」。クエの仲間である。この「あこ」が旨いのだ。姿に似合わず、白身はこりこりとして旨味があり、煮つけにしても、ご飯と炊きいて「あこ飯」にしても絶品なのである。

 蒼社川沿いにある鳥生。ここでよく栽培されているれんこん。実は江戸時代くらいからのものかと思っていたら全然違った。鳥生のれんこんは大正時代から始まっていた。
 その人物はれんこんうーさんこと、高山卯三郎氏。松前から苗を取り寄せ、栽培を始めたのがこの人なのである。鳥生地区は湿地でしかも土地が肥えていた。高山さんは一人でれんこんを栽培していたが、戦後この地区では高山さんの成功に続けと、地区をあげてれんこん栽培に力を入れた。そして、鳥生というと「れんこん」。鳥生れんこんの名前は広く世間に轟いたのである。
 今はれんこん畑も宅地化で少なくなってきたが、鳥生れんこんの旨さと名前は今も残っている。

名称 地域 特長
やはり来島(くるしま) とれとれの鯛は身がぷりぷり。矢野鮮魚では宅配も。
あこ 来島海峡 鯛よりも人気で高価。刺身、煮付けなどクエの仲間。矢野鮮魚では宅配も。
れんこん 鳥生(とりゅう) 大きくて、さくさく。鳥林で食べられる。
たくわん 野間(のま) 独特の風味。市内スーパーでお求め下さい。
なし 古谷(こや) 水々しくて、甘い。市内青果店で。

「モンドえひめ」へ戻る 「いまばり味覚・道」トップへ戻る