愛媛のうどん事情

讃岐風か大阪風、それともだんご風か?

 愛媛県のたべもののイメージに大きく影響を与えているものに「うどん」がある。お隣の香川県の方が「恐るべき」と思うのだが、愛媛県も「うどん」がおいしいと思われているようだ。
 例えば、渥美清が主演した東映映画「喜劇・団体列車」(瀬川昌治監督)に登場する食事は「うどん」。いつも「うどん」を食べているといった印象がある。
 そうした愛媛のうどんは、以下の3タイプに大きく分かれる。

●麺を大切にする「讃岐風」
●ダシを基本とする「大阪風」
●田舎らしさを守る「だんご風

 これらのそれぞれについて概説する。
●麺を大切にする「讃岐風」
 これを唱う店は、ほとんどが香川県のうどん店で修行したところ。小麦粉にこだわり、醤油にこだわる。ダシは、イリコを中心としたもので、やや辛め。天婦羅をトッピングさせる店があるのも嬉しい。(私は、竹輪の天婦羅が好きだ)
 麺に自信があり、おすすめは「釜上げ」。時間がかかっても待つといえば、こちらを「うどん通」と見てくれることもある。

●ダシを基本とする「大阪風」
 鯖節と昆布からとったダシを大切に考える店がこのタイプ。麺はあまり重視しない。今治のある店は、「イリコの天婦羅」をトッピングする「いりこうどん」で有名だが、ここの麺はスーパーで売っているもの。しかし、ダシは絶品で、イリコもうまい。究極の残品利用である。
 「うどん」にのせるもののバリエーションがあるのも大阪風。しっぽくや天婦羅、肉など、のせたものの味とダシの融和を楽しむ。
 「大阪風」を語るとき、関西在住の姉の言葉を思い出す。高速にのり、讃岐うどんの名店を案内したが、お気に召さない。「うどんはやな、何か美味しいもんがのってな、ダシが一面にはってあるのが本当やで」けだし、名言である。大阪風のうどんに関しては・・・。

●田舎らしさを守る「だんご風」
 このタイプの「うどん」は、山間部の食事どころに多い。大分県の「だご汁」に似た味わいである。じっくり煮込み、こってりとした味。最大の特徴は、腹持ちがいいところにある。

●3タイプ以外
 みかんどころ愛媛県を感じる、麺にみかんを練り込んだ「みかんうどん」、さまざまなトッピングがなされた「ぶっかけ風うどん」、一本一本を紐のように伸ばす「手づくりうどん」など、まだまだ愛媛にはさまざまな「うどん」がある。
 これは、また、次の機会に書くことにしよう。

愛媛たべもの大全TOPへ

MONDOえひめへ