伊予チャンポンと長崎チャンポン

伊予と長崎、味の隔たりはどのくらい?

 宇和島や八幡浜では、あちらこちらに「チャンポン」の看板を見かける。中華料理店だけではなく、和食、寿司屋、喫茶店などのメニューにも「チャンポン」がある。

 南予の「チャンポン」は、やや太めの麺に、豚バラ肉とたっぷりのもやし、玉ねぎ、ニンジンなどの野菜をラードで炒めた具がのり、鶏ガラやいりこでとったあっさりスープが特徴。しかも、スーパーでは「チャンポン」のパック販売もしている。

 しかし、長崎の本家「チャンポン」と「伊予チャンポン」の間には、大きな隔たりがある。本場は、豚骨と鶏ガラのスープだが、南予では鶏ガラやいりこのスープがよく使われる。南予の「チャンポン」が、あっさりしたイリコや鶏ガラのスープとなったのは、豚骨の入手が困難だったことが一番の原因だと考えられる。また、豚骨が入手できても、当時の南予では生臭いと思われ、一般には広がらなかったとも思われる。手に入りやすいイリコや鶏ガラで、「チャンポン」のスープをつくったのが、はじまりではないだろうか。

 麺も同様だ。南予の「チャンポン」には、唐灰汁(とうあく)は使われていない。長崎でも、はじめは中国からの輸入品だったというから、四国では、到底入手できない。南予の「チャンポン」の麺には、ラーメンと同じく「かんすい」が使用され、麺を太くし過ぎると茹でるのに時間がかかるためか、本家ほど太いものは使われていない。

 南予の「チャンポン」は、戦後からというが、はじめられたころには、長崎の「チャンポン」を食べたことのない店もあったと想像される。「野菜がたっぷり入った中国麺」という情報から、試行錯誤した結果、地元の材料を用いて「チャンポン」をつくりだしたのではないか。手に入りやすいエビやイカなどの魚介類が具に含まれていないのは、そのためだ。

 料理の情報は、人から人へと伝わっていくうちに、具体的な内容が伝わらず、もととは違ったものがうまれることがある。
 伊予チャンポンは、そのひとつかもしれない。

愛媛たべもの大全TOPへ

MONDOえひめへ