お客生態学◆サラリーマン篇

 五時から六時、早い時間の焼鳥屋にはネクタイ姿の人たちが集まっている。サラリーマンが会社帰りに一杯、ということでやって来るのです。

 この人たち、アルコールが回ってくると悪口大会をはじめるんです。その場にいない人物評、会社のシステムの何が悪いか、上司がいかに無能か、会社のことを考え真剣に憂いている、エトセトラ、エトセトラ。

 で、この悪口に今治鉄板焼鳥の「皮」タイプは向かない。串に刺した焼鳥が似合います。串に刺したものをえいとばかりに引き抜く。歯に肉をはさんで引き抜くエネルギーが悪口に拍車をかける。悪口につい力が入ってしまうんですね。

 と、言うことは今治の焼鳥屋にいるサラリーマンは悪口の数が少ないのかな。「皮」のお陰で平和なアルコールライフを送っている、ということでしょうか。

 焼鳥屋での悪口は自分がどんなに有能で、何でも出来るのに邪魔をする人がいる為、自分の能力を活かせない、という話で終わるんです、結局は。

 お酒の力を借りないと言えないなんて、少し淋しい。悪口に向けるパワーを仕事で発散したらいいのに。

 六時頃の焼鳥屋は男たちの哀愁や悲愁で満ち満ちています。煙が目に沁みるのもそのせいかもしれません。

はじめに・・・・
焼鳥日本一宣言 今治ってどんな街
焼鳥屋比較/四国
焼鳥屋比較/全国
焼鳥の歴史 焼鳥の歴史/全国
焼鳥の歴史/今治
今治独自の焼鳥 鉄板焼鳥の謎
せんざんきって何だ?
焼鳥アンケート 今治の焼鳥スタイル
よく行く焼鳥店
焼鳥人気メニュー
いまばりの焼鳥屋 今治焼鳥屋リスト
焼鳥コラム 男と女生態学 焼鳥作法  焼鳥屋七つ道具  商売繁昌策 お年寄り生態学 OL生態学    大阪人語る 串道ここにあり  「皮」作り方 「せんざんき」作り方

「やきとり天国」マスコミ取材

「モンドえひめ」に戻る  「やきとり天国」トップに戻る